家―カーテン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



家―カーテン

カーテンとは 【curtain

カーテンの定義・意味・意義

カーテンとは、装飾などを的として窓や室内につるす布をいいます。

カーテンの的・役割・機能

装飾

遮蔽(覆い)

カーテンは内部を隠すために使用されます。

比喩的な使用例、「のカーテン」「秘密のカーテン」

遮光(日よけ)

カーテンは日射しをさえぎるために使用されます。

断熱・保温

カーテンには断熱効果・保温効果があります。

厚さについてはカーテンそのものが冷えてしまうほど薄手のものでない限り、効果はありますが、十分な断熱・保温効果を得るには床面まで垂れて少し余るくらいの長さが必要となります。

カーテンのスソが床面にまで達していることで、ドラフト(室内の冷えた空気の流れ)や窓のすき間から下から入り込む冷気を抑えることができます。

市販のカーテンは通常、床スレスレの長さになっていますので、ご注意ください。なお、樹脂製のアジャスターフック(ホームセンター等でも売られていて安価)を利用することでカーテンの丈を数cm単位で調整することが可能になります。

間仕切り(とばり・帳)

カーテンは室内の間仕切りとしても使用されます。

比喩的な使用例、「垂れ幕」

その他
防音



| 現在のカテゴリ:住・家・住居(shell) |

現在のカテゴリ:住・家・住居(shell)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「住・家・住居(shell)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 家(住宅)
  2. 家―カーテン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:住・家・住居(shell) の位置づけ

現在のカテゴリ:「住・家・住居(shell)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー