[身体]健康と美容: 血液検査―栄養状態の検査

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



血液検査―栄養状態の検査

「血液検査―栄養状態の検査」カテゴリのコンテンツ

血液検査―栄養状態の検査」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 栄養状態の検査―血液検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)

    総蛋白とは 総蛋白の定義・意味・意義 総蛋白とは、血清に含まれている100以上のタンパク質の総量です。 その主なものは、アルブミンとグロブリンです。 総蛋白の別名・別称・通称など 総蛋白は、血清総たん...
  2. 栄養状態の検査―血液検査―アルブミン(ALB)

    アルブミンとは アルブミンの定義・意味・意義 アルブミンとは、肝臓だけでつくられる、血液中のたんぱく質のひとつである。   アルブミンの趣旨・目的・役割・機能 肝臓の異常 肝臓に異常があると、血液中の...
  3. 栄養状態の検査―血液検査―アルブミン―改善

    アルブミン値の改善 血液中のアルブミン値は肝臓の異常や低栄養の指標となる。 また、血液中のアルブミン値が低いと、免疫力が低下したり、老化が早まるという。 たとえば、アルブミン値が3.5g/dl以下の場...
  4. 栄養状態の検査―血液検査―血清鉄

    (複製)血清鉄とは 血清鉄の定義・意味・意義 血清鉄とは、血清中に存在する鉄をいいます。 血清鉄は骨髄に運ばれて、赤血球内のヘモグロビンの材料として使われます。 血清鉄を検査する趣旨・目的 血清鉄の濃度は、血...
  5. 栄養状態の検査―血液検査―血清フェリチン

    血清フェリチンとは 血清フェリチンの定義・意味・意義 血清フェリチンとは、血清以外に貯蔵されている鉄である貯蔵鉄を調べる(推測する)ための、血液検査の検査項目です。 ただし、一般的な健康診断の血液検査...



関連コンテンツ


「血液検査―栄養状態の検査」の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―栄養状態の検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー