胃カメラ(内視鏡) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



胃カメラ(内視鏡)

胃カメラとは

胃カメラの定義・意味・意義

胃カメラとは、超小型のカメラ(これは内視鏡といいます)を口または鼻から、食道、胃、十二指腸の中に入れ込み、その中の様子をテレビ画面に映し出して観察・撮影する検査をいいます。

 

胃カメラの正式名称

胃カメラは、正式には、内視鏡検査上部消化管内視鏡検査)といいます。

 

胃カメラの位置づけ・体系

胃カメラは、食道、胃、十二指腸上部といった上部消化管の基本的な精密検査です。

 

胃カメラの趣旨・的・役割・機能

胃カメラは、上部消化管の多くの病気の診断に欠かせません。

胃カメラで分かること
食道

胃カメラにより、逆流性食道炎や食道ガンを見つけることができます。

 

胃・十二指腸

胃カメラにより、胃炎(慢性胃炎)、胃ポリープや胃潰瘍、十二指腸潰瘍、そして胃ガンを発見することができます。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍が確認された場合は、ピロリ菌検査を別途受けたほうがいいでしょう。

 



| 現在のカテゴリ:胃の検査 |

現在のカテゴリ:胃の検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「胃の検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 胃カメラ(内視鏡)
  2. 胃カメラ(内視鏡)―検査の手順

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:胃の検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「胃の検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー