脚ブロック―右脚ブロック - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



脚ブロック―右脚ブロック

右脚ブロックとは

右脚ブロックの定義・意味・意義

右脚ブロック(うきゃくブロック)とは、右心室への電気信号が完全に、または完全には伝わらなくなった状態をいう。

右脚ブロックの位置づけ・体系(上位概念)

脚ブロック

右脚ブロックは脚ブロックのひとつである。

脚ブロックは部位により、右脚ブロック(うきゃくブロック)と左脚ブロック(さきゃくぶろっく)とに大別される。

  1. 右脚ブロック
  2. 脚ブロック

右脚ブロックの趣旨・的・役割・機能

右脚ブロックは、心疾患心臓病)の有無とは無関係に、健康者に多く見られる。

右脚ブロックのみの場合は、電気信号は正常な左脚を通じて心室全体に伝わるので、心配はない。

したがって、ほとんど治療は不要で、通常、経過観察のみとなる。

参考:NHKきょうの健康『検査でわかること 健康診断ガイドブック』 日本放送出版協会、2007年、104頁。



| 現在のカテゴリ:その他―心電図異常 |

現在のカテゴリ:その他―心電図異常

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「その他―心電図異常」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 脚ブロック
  2. 脚ブロック―右脚ブロック

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:その他―心電図異常 の位置づけ

現在のカテゴリ:「その他―心電図異常」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー