神経変性疾患 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


神経変性疾患


神経変性疾患とは

神経変性疾患の定義・意味・意義

神経変性疾患とは、中枢神経脊髄)にある神経細胞のうち、ある特定の神経細胞群が徐々に障害を受け、死んでいく病気をいいます。

神経変性疾患の具体例

神経変性疾患では、たとえば、認知機能に関係する神経細胞や運動機能に関係する神経細胞が障害を受け、死んでいきます。

  • 認知機能に関係する神経細胞が障害を受け、死んでいく場合→アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)、レビー小体型認知症など
  • 運動機能に関係する神経細胞が障害を受け、死んでいく場合→パーキンソン病など

神経変性疾患の原因・理由

神経変性疾患の原因はまだ十分(完全)にはわかっていません。

ただし、病気によっては、ある程度まで、それが発生する仕組みが解明されています。

たとえば、アルツハイマー型認知症の仕組みについては次のサイトのページを参照してください。

認知症―分類―アルツハイマー型認知症―仕組み - 介護保険

前兆・兆候


| 現在のカテゴリ:頭・脳に関する病気 |

現在のカテゴリ:頭・脳に関する病気

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「頭・脳に関する病気」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 頭痛―偏頭痛(片頭痛)
  2. 神経変性疾患


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:頭・脳に関する病気 の位置づけ

現在のカテゴリ:「頭・脳に関する病気」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー