[身体]健康と美容: 呼吸器疾患

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



呼吸器疾患

「呼吸器疾患」カテゴリのコンテンツ

呼吸器疾患」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 12 ページあります。

  1. 換気障害

    換気障害とは 換気障害の定義・意味・意義 換気障害とは、肺の機能のひとつである換気機能(空気を出し入れする機能)に障害があること、つまり、十分な換気が行われなくなることをいいます。 なお、肺には大別す...
  2. 換気障害―閉塞性換気障害

    閉塞性換気障害とは 閉塞性換気障害の定義・意味・意義 閉塞性換気障害とは、気道が狭くなったため、息を十分に吐けないという換気障害をいいます。 閉塞性換気障害の位置づけ・体系(上位概念) 換気障害 肺に...
  3. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)

    COPDとは COPDの定義・意味・意義 COPDとは、肺の炎症により呼吸困難を起こす慢性の呼吸器疾患で、肺気腫や慢性気管支炎などの病気の総称です。 COPDの分類・種類 COPDは、炎症の首座により...
  4. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―分類―肺気腫

    肺気腫とは、肺の最小単位・主要部分で、酸素と二酸化炭素のガス交換を行う肺胞間の壁が炎症により破壊されて大きな空洞ができ、肺が正常なときより膨らんでいる状態になって、肺機能が落ちる進行性の病気をいう。肺気腫になると、吸気はできるが、大きな空洞の存在で肺が縮まりにくくなるために呼気が十分にできなくなり、換気障害が起こる。長期間の喫煙(タバコ)が有力な一因であるといわれている。
  5. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―分類―肺気腫―検査―スパイロ検査(スパイロメトリー)

    (複製)スパイロ検査とは スパイロ検査の定義・意味・意義 スパイロ検査とは、健康診断や人間ドックなどで一般に行われる肺機能検査・呼吸機能検査をいいます。 スパイロ検査の<$MTGetVar name="...
  6. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―分類―肺気腫―検査―胸部画像診断(CT)―LAA(低吸収域)

    肺のCT写真では、肺気腫領域は明確な壁を持たないため、X線をよく通し(低吸収領域)、正常の肺よりも黒く写る。肺のCTにおける。このX線の低吸収領域の面積をLAAという。肺気腫領域はLAAとして認められ、正常の肺と区別することができる。
  7. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―分類―肺気腫―検査―胸部画像診断(CT)―LAA―ゴダール法

    ゴダール法とは、肺のCT写真から肺気腫の進行程度を所定の分類にもとづき視覚的に評価して判定する方法をいう。肺のCT写真で肺気腫領域は明確な壁を持たず、正常部より黒く映る(→LAA)。そこで、左右それぞれの肺の上部・中部・下部の計6部位について、以下のゴダード分類(肺気腫の程度を5段階に分類したもの)にもとづき肺気腫領域を視覚評価し、各部位の点数を合計して肺気腫の進行程度を判定する。
  8. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―分類―肺気腫―検査―胸部画像診断(CT)―LAV(低吸収容積)

    肺のCTにおけるX線の低吸収領域の体積をLAVという。LAA(低吸収領域の面積)より正確な肺気腫の検査をすることができる。
  9. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―原因―外因性危険因子

    外因性危険因子 呼吸器に関する日本最大の学術団体である日本呼吸器学会の『COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第2版』によると、COPDの原因(ガイドラインでは「危険因子」。以下、...
  10. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―指標―肺年齢

    肺年齢とは 肺年齢の定義・意味・意義 肺年齢とは、肺の老化の程度を年齢で表わすことで、目には見えない肺の健康状態を示す指標です。 肺年齢は、肺機能検査・呼吸機能検査の一つであるスパイロメトリーの値と身...
  11. 換気障害―閉塞性換気障害―原因となる病気―COPD(慢性閉塞性肺疾患)―統計

    COPDの統計 患者数・割合 COPDは、高齢者にはありふれた病気です。 全国で患者数は推定で約530万人いるといわれています(2007年)。   死者 COPDによる死者も徐々に増えていて、日本では...
  12. 換気障害―拘束性換気障害

    拘束性換気障害とは 拘束性換気障害の定義・意味・意義 拘束性換気障害とは、肺が固くなったり、呼吸筋が弱くなったりしたため、肺が十分に拡張できず、息を十分に吸えないという換気障害をいいます。 拘束性換気...



関連コンテンツ


「呼吸器疾患」の位置づけ

現在のカテゴリ:「呼吸器疾患」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー