基本用語―症状・徴候・症候―①症状―自覚症状(愁訴) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



基本用語―症状・徴候・症候―①症状―自覚症状(愁訴)

自覚症状とは 【complaint; symptom

自覚症状の定義・意味・意義

自覚症状(じかくしょうじょう)とは、患者が自覚的に感じられる症状をいう。

自覚症状の別名・別称・通称など

愁訴

自覚症状は愁訴(しゅうそ)ともいう。

小学館『日本大百科全書』

自覚症状の位置づけ・体系(上位概念)

症状

症状は自覚症状と他覚症状とに大別される。

  1. 自覚症状
  2. 他覚症状

症状は狭義では自覚症状を指す。

参考:【Oral Studio】クラブリ補綴学:主要症候(症状徴候) http://www.oralstudio.net/stepup/hotetsu/hote003_002.php



| 現在のカテゴリ:基礎・基本 |

現在のカテゴリ:基礎・基本

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎・基本」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 基本用語―症状・徴候・症候―①症状
  2. 基本用語―症状・徴候・症候―①症状―自覚症状(愁訴)
  3. 基本用語―症状・徴候・症候―①症状―他覚症状(所見)
  4. 基本用語―症状・徴候・症候―②徴候
  5. 基本用語―症状・徴候・症候―③症候

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:基礎・基本 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎・基本」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー