タンニン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



タンニン

タンニンとは

タンニンの定義・意味など

タンニンとは、植物組織内に広く存在する芳香族化合物の総称をいう。

タンニンの作用・働き(効果・効能・効力・効用)

タンニンが植物にとってどんな役割を果たしているのか、その生理機能は明らかではないが、病虫害(病菌による害と昆虫による害)に対する防御や動物に渋味を与えて食欲を抑えることなどが考えられる。

参考:岩波書店『生物学辞典 第4版』、平凡社『世界大百科事典』など

緑茶に含まれるタンニン

緑茶に含まれるタンニンは渋味成分となっている。

また、タンニンは胃粘膜に悪影響を及ぼすという説もある。

新谷弘実 『病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める』 サンマーク出版、2005年、28-30項。

この説には批判もあるが、濃く苦い緑茶を飲むと、胃がもたれたり、下痢になるという症状は確認できる(私見)。



| 現在のカテゴリ:その他の芳香族化合物 |

現在のカテゴリ:その他の芳香族化合物

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「その他の芳香族化合物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンニン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:その他の芳香族化合物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「その他の芳香族化合物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー