ニコチン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ニコチン

ニコチンとは 【nicotine

ニコチンの定義・意味・意義

ニコチンとは、タバコの葉に含まれるアルカロイドの一種です。

揮発性のある、無で特別なにおいのある油状の液体です。

空気中では褐になります。

ニコチンの位置づけ・体系(上位概念)

アルカロイド

ニコチンは、天然の有機化合物であるアルカロイドに位置づけられます。

アルカロイドには、ニコチンも含め、次のようなものがあります。

  • ニコチン(タバコ
  • エフェドリン(マオウ)
  • キニーネ(キナ)

ニコチンの性質・作用

ニコチンは毒性が強く、ほとんどの生物に対して毒性を発揮します。

そのため、殺虫剤に利用されています。

ただし、ニコチン自体には発がん性はないと言われています。

次のページを参照してください。

ニコチンの性質・作用



| 現在のカテゴリ:アルカロイド |

現在のカテゴリ:アルカロイド

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「アルカロイド」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. アルカロイド
  2. アルカロイド―ピロカルピン(医薬品名:塩酸ピロカルピン)
  3. ニコチン
  4. ニコチン―性質・作用

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:アルカロイド の位置づけ

現在のカテゴリ:「アルカロイド」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー