メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート

(" メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート "から複製)

マルチコートとは

マルチコートの定義・意味・意義

マルチコートとは、反射を防止するためにレンズ表面に施された(コーティングされた)多層コートをいいます。

マルチコートの的・役割・機能

透過率向上・反射防止

レンズはすべての光を透過できるわけではなく、その表面で約4%の光を反射してしまいます。

そこで、コーティング技術が開発され、レンズ表面に化学物質を添加(コーティング)することで、99%以上の光を透過させて、反射をごくわずかにすることに成功しました。

これにより、視界が明るくなり、レンズ表面への映り込みもごくわずかになります。

マルチコートはメガネの基本的「性能」を向上させるものなので、ハードコートと並び、必須のオプションといえます。

マルチコートの経緯・沿革・歴史など

1965年に、反射を防止するためのコーディング技術が開発されました。

当初は単層コートでしたが、1972年に多層コート=マルチコートが商品化されました。

マルチコートのデメリット

耐用年数・耐久性・寿命

マルチコートには寿命があります(剥がれる等)。

特にプラスチックレンズではその耐久性が悪くなります(1年半~3年ほど)。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. メガネ(眼鏡)
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート
  10. メガネ―評価
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)
  12. プリズム眼鏡

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:身体をサポートする道具―見るための道具 の位置づけ

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー