プリズム眼鏡 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



プリズム眼鏡

(" プリズム眼鏡 "から複製)

プリズム眼鏡とは

プリズム眼鏡の定義・意味・意義

プリズム眼鏡とは、通常のメガネのレンズにプリズムを組み込んだものをいいます。

プリズム眼鏡の趣旨・的・役割・機能

斜位斜視の矯正

プリズム眼鏡は、斜位斜視の矯正、すなわち両の視線(眼位)のズレを光学的に補正するために使用されます。

斜位斜視を矯正するための一般的な医療機器です。

 

斜位

プリズム眼鏡を使用することで、斜位を原因とする眼精疲労複視(ものが二重に見える)といった症状を軽減・解消することができます。

特に上下斜位に対して有効です。

 

斜視

 

プリズム眼鏡の使い方・利用の仕方

斜位の矯正に用いる場合
常時使用する

常時使用により、眼精疲労の負担)を軽減したり、複視を解消することができます。

 

必要なときだけ使用する

たとえば、斜位症状である複視は1日中現れる場合と、1日のうち、たとえば夕方以降など疲れてきたときに現れる場合があります。

後者の場合は、複視が生じたときだけプリズム眼鏡を使用してもかまいません。

 

プリズム眼鏡のデメリット・問題点

1.プリズム眼鏡を外した際の違和感・不快感

プリズム眼鏡を使用するとが両の視線がズレていない楽な状態に慣れるため、プリズム眼鏡を外した際に異様な違和感・不快感を感じます。

しかも、その違和感はしばらく続きます。

この違和感は回避する方法がなく、慣れるしかありません(あるいは、プリズム眼鏡を常時使用する)。

しかし、補正のレベルを下げることで、違和感・不快感を避けながら、矯正することも可能な場合があります。

また、専門医等によればに悪いということはないとのことです。

 

2.プリズム眼鏡の副作用?

今述べたようにプリズム眼鏡を使用するとが楽な状態に慣れてしまうため、自力で視線のズレを調整しようとする力が衰えてしまうのではないかという心配があります。

ただし、これも専門医等によればその可能性はなくもないが心配することはないとのことです。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. メガネ(眼鏡)
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート
  10. メガネ―評価
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)
  12. プリズム眼鏡

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:身体をサポートする道具―見るための道具 の位置づけ

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー