メガネ(眼鏡) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



メガネ(眼鏡)

(" メガネ(眼鏡) "から複製)

メガネとは 【a pair of glasses

メガネの定義・意味・意義

メガネとは、近視、遠視、乱視といった屈折異常老眼斜位斜視などの不完全を視力を矯正・調整したり、強い光(紫外線等)等が入るのを防いでを保護したり、あるいはファッションとして、に装着するレンズ等を使った道具をいいます。

メガネの構造・構成

メガネは基本的には1対(2枚)のレンズ(a pair of glasses)からなるもので、その他レンズを支えるためのフレーム等から構成されています。

メガネの性能を決める要素・条件

レンズ
素材
  1. ガラスレンズ
  2. プラスチックレンズ

屈折率

屈折作用
  1. 近視
  2. 遠視
  3. 乱視
  4. 老視老眼
    1. 単焦点レンズ
    2. 多焦点レンズ(遠近両用レンズ)
      1. バイフォーカル(2重焦点)
      2. トライフォーカル(3重焦点)
      3. 累進レンズ

表面カーブの設計
  1. 非球面レンズ
  2. 球面レンズ
  3. ハイカーブ

表面処理―コート
  1. ハードコート
  2. マルチコート

フレーム
  1. フレームのレンズ形状
  2. フレームのレンズサイズ

メガネの的・役割・機能

対症療法的な機能
視力の矯正

の負担・疲れ目眼精疲労の軽減

メガネを使用することでの負担を軽減できます。

の保護

積極的な機能
視力低下の予防

物をきちんと見るトレーニング

その他
装身具・ファッション

メガネの評価・批評・批判など

次のページを参照してください。

メガネの評価・批評・批判など

メガネの法律上の取り扱い(取扱い)

次のページを参照してください。

メガネの法律上の取り扱い(取扱い)




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. メガネ(眼鏡)
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート
  10. メガネ―評価
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)
  12. プリズム眼鏡

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:身体をサポートする道具―見るための道具 の位置づけ

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー