メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ

(" メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ "から複製)

累進レンズとは

累進レンズの定義・意味・意義

累進レンズとは、ひとつのレンズ内で度数が境がなく徐々に変化するレンズをいいます。

「境のない遠近両用レンズ」などとも呼ばれています。

累進レンズの経緯・沿革・歴史など

かつては遠近両用レンズといえばバイフォーカル(2重焦点)が主流でした。

しかし、遠近両用(老眼)用のメガネであることが一でわかってしまう、中間の度数がないため見づらいことがあるといった理由から累進レンズが開発され、主流となっています。

累進レンズの分類・種類

累進レンズはメガネの使用的によって次のように分類されます。

  • 遠近両用
  • 中近両用
  • 近々両用

累進レンズのメリットとデメリット

メリット・長所・利点・有利な点

デメリット・短所・欠点・弱点・不利な点
  • 周辺部に歪み等がある
  • 視野が狭い




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. メガネ(眼鏡)
  2. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―ガラスレンズ
  3. メガネ―性能を決める要素―レンズ素材―プラスチックレンズ
  4. メガネ―性能を決める要素―屈折率
  5. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―バイフォーカル
  6. メガネ―性能を決める要素―屈折作用―老視―累進レンズ
  7. メガネ―性能を決める要素―レンズ設計―非球面レンズ
  8. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―マルチコート
  9. メガネ―性能を決める要素―コート(表面処理)―ハードコート
  10. メガネ―評価
  11. メガネ―法律上の取り扱い(取扱い)
  12. プリズム眼鏡

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:身体をサポートする道具―見るための道具 の位置づけ

現在のカテゴリ:「身体をサポートする道具―見るための道具」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー