紫外線とは - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



紫外線とは

紫外線とは 【ultraviolet ray

紫外線の定義・意味・意義

紫外線とは、太陽光線をプリズムで分解したときに、可視光線でもっとも波長が短い紫の光のさらに外側にある、不可視光線をいいます。

英語で、紫外線は ultraviolet ray といいますが、ultra-violet、つまり、ultra(ウルトラマンのウルトラで、~を超えた、の意)と violet(紫)で、「紫を超えた光線」という意味です。

そこから、略称して、UVなどとよくいわれています。

紫外線の位置づけ

太陽光線は、に見える光(可視光線といいます)と見えない光(不可視光線といいます)があります。

不可視光線は、さらに赤外線と紫外線に分類されます。

太陽光線のうちの約50%が可視光線、約45%が赤外線、約5%が紫外線です。

紫外線の分類・種類

紫外線は、波長により、次の3種類に分類されています。

  1. A波UVA
  2. B波UVB
  3. C波(UVC)

正しい紫外線対策をするには、それぞれの紫外線の特・特徴を押さえておくことが必要です。

紫外線のうち地上に届くのは、A波UVA)とB波UVB)のみで、C波(UVC)はオゾン層にさえぎられ、ほとんど届きません。

このうち特に問題になるのがB波UVB)で、そのほとんどはオゾン層で吸収されますが、一部は地表へ到達し、その強い化学作用(後述)により、日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になったりします。

なお、C波(UVC)は、波長がもっとも短く、殺人光線とも呼ばれる強力な作用があります。

オゾン層の破壊が問題となるのもそのためです。

紫外線の特・特徴

まぶしくも暑くもない

日光は、まぶしく、そして、暑く感じられます。

この「まぶしさ」は可視光線、「暑さ」は赤外線によるものです。

紫外線はまぶしくも暑くもなく、浴びていても実感はありません。

強い化学作用

このように紫外線を浴びても実感はないのですが、紫外線には強い化学作用があります。

そのため、紫外線は化学線などと呼ばれることもあります。

この強い化学作用のため、紫外線は、ヒトのからだに危険な悪影響を与えます。

詳細については、次のページを参照してください。

紫外線の危険な影響



| 現在のカテゴリ:紫外線(UV) |

現在のカテゴリ:紫外線(UV)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 紫外線とは
  2. 紫外線―分類・種類―A波(UVA)
  3. 紫外線―分類・種類―B波(UVB)
  4. 紫外線―量
  5. 紫外線―量―日陰との関係
  6. 紫外線―影響(効果・効力)
  7. 紫外線―危険な影響―光老化
  8. 紫外線―危険な影響―光老化―シワ
  9. 紫外線―危険な影響―光老化―シミ
  10. 紫外線―対策と効果
  11. 紫外線―対策と効果―サングラス―正しい選択・選び方
  12. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準
  13. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF
  14. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF―目安
  15. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA
  16. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA―基準値・目安
  17. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:紫外線(UV) の位置づけ

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー