紫外線―分類・種類―A波(UVA) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



紫外線―分類・種類―A波(UVA)

A波(UVA)とは

A波の定義・意味・意義など

A波とは、長い波長(320~400ナノメートル)の紫外線をいいます。

A波(UVA)の位置づけ

紫外線は、波長により、次の3種類に分類されています。

  1. A波(UVA)
  2. B波UVB
  3. C波(UVC)

ただし、地上に届くのは、A波(UVA)とB波UVB)のみで、C波(UVC)はほとんど届きません。

A波(UVA)の特・特徴

エネルギー

A波は、エネルギーは弱く、B波のような急激な作用はありませんが、将来的なシワやシミの原因となります。

地球の降り注ぐ紫外線のほとんどはA波です。

年間での照射量が多いため、生活紫外線などとも呼ばれています。

したがって、エネルギーが弱くてもA波の影響は無視できません。

透過性

また、A波は波長が長いため、雲や窓ガラスも通り抜け、私たちに注がれています。

今日は曇っているから紫外線は大丈夫というわけではないのです。

A波(UVA)の人体・健康への悪影響

エネルギーの弱いA波も、B波と同様、光老化光発ガンに関わっていることがわかってきました。

そのため、昔の日焼け止め化粧品は、B波をさえぎるためのものでしたが、今ではB波だけでなく、A波もさえぎるタイプのものが主流です。

皮膚への浸透度

A波も、B波と同様、次に述べるサンタンや光老化光発ガンの原因となります。

しかも、A波は波長が長いため、表皮から真皮にまで浸透し、ハリや弾力をもたらすコラーゲンエラスチンを破壊します。

日焼け―サンタン

A波は、サンタン(皮膚が黒くなること)の原因になります。

光老化

A波は、の深部で光老化を引き起こし、シワやたるみの原因となります。

むしろ、知らず知らずのうちに光老化を促進させている主因はA波である、ともいわれています。

光発ガン

A波は、表皮細胞の遺伝子(DNA)に間接的に作用して傷をつけ、皮膚ガンの原因になります。



| 現在のカテゴリ:紫外線(UV) |

現在のカテゴリ:紫外線(UV)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 紫外線とは
  2. 紫外線―分類・種類―A波(UVA)
  3. 紫外線―分類・種類―B波(UVB)
  4. 紫外線―量
  5. 紫外線―量―日陰との関係
  6. 紫外線―影響(効果・効力)
  7. 紫外線―危険な影響―光老化
  8. 紫外線―危険な影響―光老化―シワ
  9. 紫外線―危険な影響―光老化―シミ
  10. 紫外線―対策と効果
  11. 紫外線―対策と効果―サングラス―正しい選択・選び方
  12. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準
  13. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF
  14. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF―目安
  15. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA
  16. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA―基準値・目安
  17. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:紫外線(UV) の位置づけ

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー