タンパク質―分類―構造たんぱく質―エラスチン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



タンパク質―分類―構造たんぱく質―エラスチン

エラスチンとは

エラスチンの定義・意味・意義など

エラスチンとは、コラーゲンと同じように、細胞間物質を構成する構造たんぱく質の一種です。

エラスチンは、ゴムのような弾力性があり、皮膚真皮・靱帯・腱・血管壁など伸縮性の必要な器官に存在しています。

エラスチンの役割・働き・機能・生理作用

1.のハリや弾力に不可欠

エラスチンは、コラーゲンヒアルロン酸と同様、を若々しく保つために重要な皮膚の構成成分の一つで、のハリや弾力に不可欠です。

エラスチンは、やはりコラーゲンと同じように、老化とともに生成されにくくなり、それに伴いのハリや弾力が減少する(「しわ」や「たるみ」などのトラブルが発生する)とされています。

特に、光老化には要注意です。

紫外線(A波)の危険な影響―シワの原因

2.動脈硬化の予防

エラスチンは、大動をはじめ、血管壁などの弾力にも関係するため、動脈硬化の予防にもなるとされています。

エラスチンの摂取

エラスチンの供給源・補給源

エラスチンを多く含む食品・食べ物・食材

エラスチンを多く含む食べ物には、牛すじ、手羽先、軟、煮魚などがあります。

基礎化粧品

のハリ・弾力に不可欠なエラスチンは、基礎化粧品というかたちで、外から補うこともできます。



| 現在のカテゴリ:素材―タンパク質 |

現在のカテゴリ:素材―タンパク質

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「素材―タンパク質」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンパク質(蛋白質・たんぱく質)
  2. タンパク質―分類
  3. タンパク質―分類―構造たんぱく質
  4. タンパク質―分類―構造たんぱく質―エラスチン
  5. タンパク質―分類―機能たんぱく質
  6. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素
  7. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―異化―アミラーゼ
  8. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―同化―美容効果等―うるおいとハリ・弾力―ヒアルロン酸シンセターゼ
  9. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―同化―美容効果等―ハリ(弾力)―プロリルヒドロキシラーゼとリシルヒドロキシラーゼ
  10. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―その他―心配性の解消効果―セロトニントランスポーター
  11. タンパク質―分類―機能たんぱく質―受容体(レセプター)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:素材―タンパク質 の位置づけ

現在のカテゴリ:「素材―タンパク質」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー