タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―その他―心配性の解消効果―セロトニントランスポーター - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―その他―心配性の解消効果―セロトニントランスポーター

セロトニントランスポーターとは

セロトニントランスポーターの定義・意味・意義

セロトニンは、心の安定を図ってくれる神経伝達物質です。

セロトニンが神経から分泌されると、心・感情・情動が安定し、気分がよくなります。

分泌されたセロトニンの一部は分解されてなくなってしまいますが、一部は神経細胞に回収され、再利用されます。

セロトニントランスポーターとは、セロトニンを再利用するため、セロトニンを神経細胞へ回収する働きをする機能たんぱく質です。

セロトニントランスポーターの量による分類・種類・タイプ

セロトニントランスポーターの量によって、人は次の3つのタイプに分類されます。

1.LL型

セロトニントランスポーターの量が多く、とてもおおらかなタイプです。

日本人の中には2%ほどしかいないといわれています。

2.SL型

セロトニントランスポーターの量は普通で、おおらかなタイプです。

日本人では30%がこのタイプです。

3.SS型

セロトニントランスポーターの量が少く、心配性ですが、協調性のあるタイプです。

日本人の68%がこのタイプです。

セロトニントランスポーターの量を増やす方法

セロトニントランスポーターを増やすには、太陽の光を浴びたり、朝、ウォーキングなどの運動をするとよいといわれています



| 現在のカテゴリ:素材―タンパク質 |

現在のカテゴリ:素材―タンパク質

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「素材―タンパク質」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンパク質(蛋白質・たんぱく質)
  2. タンパク質―分類
  3. タンパク質―分類―構造たんぱく質
  4. タンパク質―分類―構造たんぱく質―エラスチン
  5. タンパク質―分類―機能たんぱく質
  6. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素
  7. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―異化―アミラーゼ
  8. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―同化―美容効果等―うるおいとハリ・弾力―ヒアルロン酸シンセターゼ
  9. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―同化―美容効果等―ハリ(弾力)―プロリルヒドロキシラーゼとリシルヒドロキシラーゼ
  10. タンパク質―分類―機能たんぱく質―酵素―分類―その他―心配性の解消効果―セロトニントランスポーター
  11. タンパク質―分類―機能たんぱく質―受容体(レセプター)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:素材―タンパク質 の位置づけ

現在のカテゴリ:「素材―タンパク質」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー