ウォーキング(歩く) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ウォーキング(歩く)

ウォーキングとは 【walking

ウォーキングの位置づけ・体系(上位概念)

日常生活動作

ウォーキング(歩くこと)は、日常生活動作のひとつである。

有酸素運動

ウォーキングは有酸素運動のひとつである。

代表的な有酸素運動には、次のようなものがある。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング
  • サイクリング
  • 水泳

ウォーキングの趣旨・的・役割・機能

ウォーキングには、次のような効果・効用がある。

脂肪燃焼効果

ウォーキングなどの有酸素運動は、瞬発的な無酸素運動より、脂肪燃焼効果が高い。

特に、ウォーキングは、心臓などに負担をかけずに体脂肪を燃焼させることができる。

血流改善血行促進効果

歩くことにより、ふくらはぎ筋肉が収縮・弛緩する。

つまり、ふくらはぎのポンプ作用が働くことになり、身体下部の末梢に滞っている血液心臓へと送り返すことができる(→第2の心臓)。

したがって、血流が改善される(血行が促進される)。

心肺機能の向上

筋肉トレーニング

ウォーキングでは大腿太もも)・ふくらはぎ等の筋肉をしっかりと使うので、筋肉の維持・向上が期待できる。

したがって、また基礎代謝も高まる。

気分転換

歩き方

歩き方のポイントは次の2つである。

1.重心移動(体重移動)

ヒトが歩くということは、身体の重心(体重)を前に移動させるということである。

そのためには、背筋は伸ばしたまま盤を前に出すようにする。

すると、前に転びそうになるので、自然に足が前に出る。

太ももの前の筋肉を使ってももを持ち上げるという歩き方は疲れる。

2.かかとからの着地

着地の際は、を伸ばして、かかとから着地をする。

これにより、ふくらはぎのポンプ作用がしっかりと働く



| 現在のカテゴリ:生活習慣―身体活動―運動 |

現在のカテゴリ:生活習慣―身体活動―運動

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生活習慣―身体活動―運動」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ウォーキング(歩く)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:生活習慣―身体活動―運動 の位置づけ

現在のカテゴリ:「生活習慣―身体活動―運動」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー