循環器―分類―血管系―心臓―第2の心臓 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



循環器―分類―血管系―心臓―第2の心臓

第2の心臓とは

第2の心臓の定義・意味・意義

第2の心臓とは、心臓と同じく血液を循環させるポンプの働きをしている足、特にふくらはぎのことをいう。

第2の心臓の趣旨・的・役割・機能

血液循環

心臓は、血液を動を通って全身の末梢に送り出すポンプの働きがある。

しかし、心臓には、逆に、血液を末梢から静脈を通って心臓へと送り返す働きはない。

そのため、身体の上部に送り出された血液は重力によって比較的容易に心臓へと戻ることができるが、足のほうに送り出された血液は重力に逆らって心臓へと戻る仕組みが別途必要となる。

そこで、ヒトは歩くこと等によってふくらはぎ筋肉が収縮し、そのポンプ作用によって身体下部の末梢に滞っている血液心臓へと送り返している。

つまり、心臓の収縮・弛緩によるポンプ作用に、ふくらはぎの収縮・弛緩によるポンプ作用が加わってはじめてヒトの血液循環は成立していることになる。

第2の心臓の経緯・沿革・由来・歴史など

直立歩行をするヒトは、脊椎が水平な四足動物より、より強く重力の影響を受けるため、心臓の負担が増加した。

その結果、血液を円滑に循環させるための第2の心臓が必要となり、心臓からもっとも離れたところに強靭な筋肉をもつふくらはぎという器官が作られたという。

ふくらはぎは第2の心臓 http://www.fukurahagi.com/dai2no/



| 現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器 |

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 29 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―循環器」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 循環器
  2. 循環器―仕組み―拍動
  3. 循環器―仕組み―拍動―心拍
  4. 循環器―仕組み―拍動―脈拍(脈)
  5. 循環器―分類―血管系
  6. 循環器―分類―血管系―心臓
  7. 循環器―分類―血管系―心臓―構造―心房
  8. 循環器―分類―血管系―心臓―構造―心室
  9. 循環器―分類―血管系―心臓―第2の心臓
  10. 循環器―分類―血管系―血管
  11. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化
  12. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化―検査―PWV(脈波伝播速度)
  13. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化―検査―ABI(足関節上腕血圧比)
  14. 循環器―分類―血管系―血管―毛細血管
  15. 循環器―分類―血管系―血管―静脈
  16. 循環器―指標
  17. 循環器―指標―血圧
  18. 循環器―指標―血圧―分類―最高血圧(最大血圧・収縮期血圧・上の血圧)
  19. 循環器―指標―血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧)
  20. 循環器―指標―血圧―異常―高血圧(高血圧症)
  21. 循環器―指標―血圧―異常―高血圧(高血圧症)―基準
  22. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧
  23. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧―基準
  24. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧―治療
  25. 循環器―指標―血圧―測定
  26. 循環器―指標―心拍数
  27. 循環器―指標―心拍数―安静時心拍数
  28. 循環器―指標―心拍数―心拍数が上がる原因(心拍数が増加する原因)
  29. 循環器―指標―脈拍数

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―循環器」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー