[身体]健康と美容: 内蔵―消化器―器官―肝臓

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



内蔵―消化器―器官―肝臓

「内蔵―消化器―器官―肝臓」カテゴリのコンテンツ

内蔵―消化器―器官―肝臓」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。

  1. 肝臓

    肝臓とは 肝臓の定義・意味・意義 500種類以上の化学処理を行う肝細胞が約2,500億個集まった集合体が肝臓です。 肝臓にはトカゲのシッポのような再生能力があり、未知の能力を持った不思議な臓器です。 ...
  2. 肝臓の働き・作用・役割・機能―①代謝

    肝臓の趣旨・目的・役割・機能 代謝 一般に代謝とは、ある物質を別の物質に変えるはたらきをいいます。 栄養分は、食物から摂取し、消化吸収されますが、そのままのかたちでは利用することはできません。 栄養分...
  3. 肝臓の働き・作用・役割・機能―②解毒(デトックス)

    肝臓の働き・作用・役割・機能―解毒(デトックス) 肝臓の解毒作用(デトックス)とは 人体には、有害物質を解毒し、排泄・排出するしくみがあります。 その中心的な役割を果たしているのが肝臓です。 肝臓は、...
  4. 肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)

    肝臓の働き・作用・役割・機能―胆汁の合成・分泌(消化) 肝臓は胆汁を作ります。 胆汁とは、脂肪(アブラ)を分解する消化液です。 胆汁は脂肪を細かな粒にして(これを乳化といいます)、消化を助けるはたらき...
  5. 肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)―胆汁

    胆汁とは 胆汁の定義・意味・意義 胆汁とは、肝臓で合成される、黄褐色でアルカリ性の苦味のある消化液です。 胆管を通って、腸(十二指腸)に分泌されます。 胆汁の構成要素・成分・組成 胆汁は、主に胆汁酸と...
  6. 肝臓の検査方法

    肝臓検査の方法 肝臓の検査方法の種類 肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれているように、病気になってもなかなか症状が現れず、病気の発見が遅れがちな臓器です。 肝臓の異常を見つける検査としては、次のようなもの...
  7. 肝臓の検査項目

    肝臓の病気(肝臓病)の検査項目 肝臓は、「生体の化学工場」といわれているほど、そのはたらきは多岐にわたるため、肝臓の検査も多くの項目があり、その異常はさまざまな検査値に現れます。 以下、検査方法ごとに...



関連コンテンツ


「内蔵―消化器―器官―肝臓」の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―器官―肝臓」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー