肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)―胆汁 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。

肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)―胆汁



胆汁とは

胆汁の定義・意味・意義

胆汁とは、肝臓で合成される、黄褐でアルカリ性の苦味のある消化液です。

胆管を通って、腸(十二指腸)に分泌されます。

胆汁の構成要素・成分・組成

胆汁は、主に胆汁酸と胆汁色素からなります。

消化酵素は含まれていません。

胆汁の働きは胆汁酸によるものです。

  • 胆汁酸
  • 胆汁色素

胆汁酸

胆汁の働き・作用・役割・機能

胆汁色素

胆汁色素は、肝臓で破壊された赤血球中のヘモグロビンの分解されたもので、黄褐のビリルビンと青緑のビリベルジンがあります。

なお、ビリルビンが血液中に増加すると、黄疸になります。

胆汁の働き・作用・役割・機能

脂肪の消化吸収

胆汁は、界面活性剤として、胃から十二指腸に入ってくる食物中の脂肪を細かな粒にして(これを乳化といいます)、消化酵素の働きを助けます。

働き・作用・役割・機能



| 現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―肝臓 |

現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―肝臓

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―器官―肝臓」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肝臓
  2. 肝臓の働き・作用・役割・機能―①代謝
  3. 肝臓の働き・作用・役割・機能―②解毒(デトックス)
  4. 肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)
  5. 肝臓の働き・作用・役割・機能―③胆汁の分泌(消化)―胆汁
  6. 肝臓の検査方法
  7. 肝臓の検査項目


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―肝臓 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―器官―肝臓」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー