循環器―指標―血圧 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



循環器―指標―血圧

血圧とは 【blood pressure

血圧の定義・意味・意義

血圧とは、心臓から送り出された血液血管心臓から血液を送り出す血管=動)の壁に与える圧力(血流の強さ)をいいます。

 

血圧の趣旨・的・役割・機能

血圧が高い(→高血圧)ということは、何らかの理由により血液が流れにくくなっているために強い圧力がかかっていることを意味します。

たとえば、一般的には年をとるにつれて、血管は硬化して弾力性がなくなるため、血圧は高くなります。

 

循環器の異常の指標

高い圧力で血液を送り出している心臓にはそれだけ負荷がかかります。

また、血圧が高いと、血管を刺激するため動が傷みやすくなります。

したがって、血圧は循環器心臓血管)の異常(動脈硬化を原因とする循環器疾患である動脈硬化性疾患)を知る手がかりとなります。

 

その他の異常の指標

血圧は、循環器以外にも、腎臓内分泌代謝系の異常を知る手がかりとなります。

 

血圧の位置づけ・体系(上位概念)

バイタルサイン

血圧はバイタルサインのひとつである。

なお、一般的には、次の4つがバイタルサインとされている。

  1. 体温
  2. 血圧
  3. 脈拍数心拍数
  4. 呼吸

血圧の分類・種類

最高血圧最低血圧

血圧は心臓拍動の周期に対応して変化します。

心臓の収縮期の血圧がもっとも高く、これを最高血圧といい、逆に弛緩期(拡張期)の血圧がもっとも低く、これを最低血圧といいます。

  1. 心臓の収縮期…最高血圧最大血圧収縮期血圧
  2. 心臓の弛緩期(拡張期)…最低血圧最小血圧拡張期血圧

 

血圧の検査(血圧測定

正常血圧―基準値・標準値・正常値

最高血圧が130mmHg未満かつ最低血圧が85mmHg

 

高血圧

最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上

 



| 現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器 |

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 29 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―循環器」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 循環器
  2. 循環器―仕組み―拍動
  3. 循環器―仕組み―拍動―心拍
  4. 循環器―仕組み―拍動―脈拍(脈)
  5. 循環器―分類―血管系
  6. 循環器―分類―血管系―心臓
  7. 循環器―分類―血管系―心臓―構造―心房
  8. 循環器―分類―血管系―心臓―構造―心室
  9. 循環器―分類―血管系―心臓―第2の心臓
  10. 循環器―分類―血管系―血管
  11. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化
  12. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化―検査―PWV(脈波伝播速度)
  13. 循環器―分類―血管系―血管―動脈―異常―動脈硬化―検査―ABI(足関節上腕血圧比)
  14. 循環器―分類―血管系―血管―毛細血管
  15. 循環器―分類―血管系―血管―静脈
  16. 循環器―指標
  17. 循環器―指標―血圧
  18. 循環器―指標―血圧―分類―最高血圧(最大血圧・収縮期血圧・上の血圧)
  19. 循環器―指標―血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧)
  20. 循環器―指標―血圧―異常―高血圧(高血圧症)
  21. 循環器―指標―血圧―異常―高血圧(高血圧症)―基準
  22. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧
  23. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧―基準
  24. 循環器―指標―血圧―異常―低血圧―治療
  25. 循環器―指標―血圧―測定
  26. 循環器―指標―心拍数
  27. 循環器―指標―心拍数―安静時心拍数
  28. 循環器―指標―心拍数―心拍数が上がる原因(心拍数が増加する原因)
  29. 循環器―指標―脈拍数

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―循環器 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―循環器」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー