動脈硬化―動脈硬化性疾患 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



動脈硬化―動脈硬化性疾患

動脈硬化性疾患とは

動脈硬化性疾患の定義・意味・意義

動脈硬化性疾患(どうみゃくこうかせいしっかん)とは、動脈硬化を原因とする循環器疾患(心臓病脳卒中といった循環器病など)をいう。

動脈硬化心臓血管だけでなく、全身の血管に起こり、動脈硬化が進むと、動脈硬化性疾患と呼ばれるさまざまな病気を引き起こす大きな原因となる。

動脈硬化性疾患の具体例

  1. 血管疾患(血管障害)
    1. 脳卒中
      1. 脳梗塞
      2. 脳出血
      3. くも膜下出血
  2. 心臓疾患
    1. 虚血性心疾患(冠動疾患)
      1. 狭心症
      2. 心筋梗塞
    2. 心肥大・心不全
  3. その他全身の血管疾患
    1. 部・腹部
      1. 大動疾患
        1. 大動
    2. 腎臓
      1. 腎臓疾患(腎臓障害・腎障害)
        1. 腎硬化症
        2. 血管高血圧症
    3. 下肢
      1. 閉塞性動脈硬化症



| 現在のカテゴリ:基礎病変―動脈硬化 |

現在のカテゴリ:基礎病変―動脈硬化

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎病変―動脈硬化」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 動脈硬化(動脈硬化症)
  2. 動脈硬化―検査―PWV(脈波伝播速度)
  3. 動脈硬化―検査―ABI(足関節上腕血圧比)
  4. 動脈硬化―動脈硬化性疾患
  5. 動脈硬化―改善

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:基礎病変―動脈硬化 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎病変―動脈硬化」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー