筋肉 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



筋肉

筋肉とは 【muscle

筋肉の定義・意義・意義

筋肉とは、収縮(ちじまること・緊張すること)と弛緩(ゆるむこと)によって動物の身体を運動させる組織をいう。

ヒトの身体には、500種類以上の筋肉がある。

 

筋肉の趣旨・的・役割・機能

効果器作動体

筋肉は、分泌腺とともに、効果器作動体)のひとつとして重要な組織である。

すべての筋肉は、少なくとも2箇所以上で、腱(けん)を仲介して、その端がに結びついている(固定されている)。

筋肉の位置づけ・体系(上位概念)

体組成

筋肉は、体組成のひとつとしても位置づけられる。

筋肉の構造・構成

筋細胞(筋繊維)・筋組織

筋細胞(筋繊維)が集合して筋組織を構成し、そして、筋組織が筋肉を構成する。

筋細胞(筋繊維) → 筋組織 → 筋肉

 

筋肉の分類・種類

筋肉は、横紋筋平滑筋の2つに大別される。

筋肉 横紋筋 骨格筋 随意筋
心筋 不随意筋
平滑筋 内臓筋

 

横紋筋

横紋筋には、に付いて体を動かす骨格筋と、心臓にあって心臓を動かす心筋とがある。

横紋筋は収縮速度は早い(瞬発力がある)が、持続性に欠けている。

骨格筋は意志で動く随意筋であるが、心筋は意思とは無関係に動く不随意筋である。

 

平滑筋

平滑筋は、内臓や血管壁にある筋肉で、不随意筋である。

平滑筋は収縮速度は遅いが、持続性がある。

 



| 現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉 |

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 24 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―筋肉」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 筋肉
  2. 筋肉―種類―骨格筋
  3. 筋肉―種類―骨格筋―構成―筋膜
  4. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―アウターマッスル―三角筋
  5. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)
  6. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―肩甲下筋
  7. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋
  8. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘下筋
  9. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―腕―上腕―上腕三頭筋
  10. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―胸―肋間筋
  11. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―胸―横隔膜
  12. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―腹―骨盤底筋
  13. 筋肉―種類―骨格筋―腰―大腰筋
  14. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋
  15. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋―大腿直筋
  16. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)
  17. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)―大腿二頭筋
  18. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの内側―内転筋
  19. 筋肉―用途―歩くための筋肉―高齢者の筋肉トレーニング(筋力強化)
  20. 筋肉―指標―筋肉率
  21. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛
  22. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛―対策・治し方・回復・解消の仕方
  23. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛―予防
  24. 筋肉―病気・疾患・症状―腰痛

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉 の位置づけ

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―筋肉」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー