筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)

ハムストリングとは

ハムストリングの定義・意味・意義

ハムストリングとは、大腿の後面にある次の3つの筋肉の総称をいう。

  1. 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
  2. 半腱様筋(はんけんようきん)
  3. 半膜様筋(はんまくようきん)

ハムストリングの別名・別称・通称など

ハムストリングス

ハムストリングはハムストリングスともいう。

ハムストリングの位置づけ・体系

ハムストリングは、大腿をはさんで盤からすねの脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ))までつながっている。

ハムストリングの趣旨・的・役割・機能

ハムストリングは、おもな働きは股関節の伸展と関節の屈曲であり、「歩く」、「走る」ために重要な筋肉である。

股関節の伸展
歩きのアクセル

歩くときは、ハムストリングが収縮することにより、股関節を中心に大腿が後ろに振られる。

すると、これが推進力となって、カヌーのバドルで水を前から後ろにかくとカヌーが前に進むように、大腿の上に乗った胴体と頭が前に進む。

つまり、ハムストリングはヒトが歩くときのアクセルになっている。

高岡英夫 『高岡英夫の歩き革命』 学習研究社、2006年、109-110頁。

関節の屈曲

ハムストリングと関係・関連する概念

拮抗筋
大腿四頭筋

ハムストリングと拮抗筋の関係にあるのは大腿四頭筋である。

すなわち、を伸ばすときは、大腿四頭筋が収縮し、ハムストリングが弛緩する。

を曲げるときは、ハムストリングが収縮し、大腿四頭筋が弛緩する。

ハムストリングの運動

ハムストリングの鍛え方・筋トレ

ラジオ体操

ラジオ体操第一の2・12番を振って脚を曲げ伸ばす運動でハムストリングが鍛えられる。

スクワット

後ろ歩き

ハムストリングのストレッチ



| 現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉 |

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 24 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―筋肉」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 筋肉
  2. 筋肉―種類―骨格筋
  3. 筋肉―種類―骨格筋―構成―筋膜
  4. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―アウターマッスル―三角筋
  5. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)
  6. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―肩甲下筋
  7. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋
  8. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘下筋
  9. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―腕―上腕―上腕三頭筋
  10. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―胸―肋間筋
  11. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―胸―横隔膜
  12. 筋肉―種類―骨格筋―上半身―腹―骨盤底筋
  13. 筋肉―種類―骨格筋―腰―大腰筋
  14. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋
  15. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋―大腿直筋
  16. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)
  17. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)―大腿二頭筋
  18. 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの内側―内転筋
  19. 筋肉―用途―歩くための筋肉―高齢者の筋肉トレーニング(筋力強化)
  20. 筋肉―指標―筋肉率
  21. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛
  22. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛―対策・治し方・回復・解消の仕方
  23. 筋肉―病気・疾患・症状―筋肉痛―予防
  24. 筋肉―病気・疾患・症状―腰痛

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―筋肉 の位置づけ

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―筋肉」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー