スクワット - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



スクワット

スクワットとは 【squat

スクワットの定義・意味・意義

スクワットとは、①しゃがんで(しゃがむ)②立ち上がる動作・運動をいう。

スクワットの位置づけ・体系(上位概念)

ウエイトトレーニング

スクワットはウエイトトレーニングの種のひとつともされている。

ロコモ体操

日本整形外科学会は、ロコモティブシンドロームの予防のため、片足立ちとスクワットを「ロコモ体操」と名づけ、推奨している。

日常生活動作

スクワットは基本的な日常生活動作である。

日常生活では、かがむことが多いが、意識的にかがむかわりにしゃがむことでもスクワットトレーニングになる。

スクワットで鍛えられる筋肉

スクワットは下半身運動の王様とも呼ばれる。

スクワットにより、大腿四頭筋大腿の前面にある筋肉)のほか、大臀筋(お尻の筋肉)やハムストリングス大腿二頭筋など大腿の後面にある筋肉)も鍛えることができる。

スクワットのポイント・注意点・注意事項

  1. しゃがんだときにがつま先より前に出ないようにする(に負担をかけないため)
  2. かかとは地につけたままにする
  3. 背中はまっすぐに伸ばしたままにする
  4. 呼吸をしながら行う(具体的には息を吸いながらしゃがみ、息を吐きながら立ち上がる)
  5. その他
    1. 足は幅または幅より少し広めに広げ、つま先はまっすぐ前または30度くらい外へ向ける
    2. は頭の後ろに組む、またはの前で交差させるなど、自分が動きやすい姿勢を取る

スクワットの分類・種類




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生活習慣―身体活動―運動―筋肉トレーニング(筋トレ)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. スクワット
  2. スクワット―種類―ワイドスクワット
  3. 片足立ち

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「生活習慣―身体活動―運動―筋肉トレーニング(筋トレ)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー