骨格―骨―分類―足―下腿―下腿骨―腓骨 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



骨格―骨―分類―足―下腿―下腿骨―腓骨

腓骨とは

腓骨の定義・意味・意義

腓骨(ひこつ)とは、下腿(から足首までの部分。すね(脛))の外側にある細く長いをいう。

腓骨は、上部はの横のグリグリ(腓骨関節)から少し下まで、下部は外くるぶしから少し上までは、さわることができる。

腓骨の位置づけ・体系(上位概念)

下腿

下腿を構成している下腿(かたいこつ)という。

下腿には脛骨(けいこつ)と腓骨の2つのがある。

腓骨の趣旨・的・役割・機能

下腿のうち、脛骨体重を支える役割を果たすのに対して、腓骨はより質の高い動きを促したり、衝撃吸収をする役割を果たす。

ただし、実際は、太さは脛骨の約1/4にすぎない腓骨側、つまり、足の外側で体重を支えている人が多いという。

そうすると、O脚になり、足に負担をかけることになる。

高岡英夫 『高岡英夫の歩き革命』 明昌堂、2006年、81頁。



| 現在のカテゴリ:効果器―運動器官―骨格 |

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―骨格

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―骨格」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 骨格
  2. 骨格―骨
  3. 骨格―骨―分類―肩―肩甲骨
  4. 骨格―骨―分類―脊柱(脊椎・背骨)
  5. 骨格―骨―分類―脊柱―腰椎
  6. 骨格―骨―分類―足―下腿―下腿骨―脛骨
  7. 骨格―骨―分類―足―下腿―下腿骨―腓骨
  8. 骨格―関節
  9. 骨格―関節―股関節

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:効果器―運動器官―骨格 の位置づけ

現在のカテゴリ:「効果器―運動器官―骨格」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー