ヒアルロン酸 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸の定義・意味・意義

ヒアルロン酸とは、人間のからだのさまざまなところに含まれ、特に、硝子体皮膚関節液などに多く含まれる成分で、ムコ多糖類の一種です。

 

ヒアルロン酸の性質・特性

ヒアルロン酸には、次のような性質があります。

優れた保水力

ヒアルロン酸はたくさんの水分を保持する性質があります。

ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水を保持するといわれています。

ヒアルロン酸は、体内では細胞の間で水を保持し、細胞に適度な潤いを与えています。

例えば、皮膚では、真皮層の保湿に関わる成分となっています。

 

粘弾性(粘性と弾性)

ヒアルロン酸は、非常に高いねばりけ(=粘性)と、元の形に戻ろうとする性質(=弾性)があります。

 

ヒアルロン酸のの健康によい働き(効果・効力・効用・効能)

ヒアルロン酸は加齢とともに減少します。

そのため、健康食品・サプリメント化粧品などに多く使用されています。

また、医薬品の原料としても使用されています。

ヒアルロン酸は、その優れた保水性などの性質により、体内で具体的には次のようなはたらきをしています。

1.美容(美)効果―にうるおい(潤い)とハリ・弾力を与える効果

ヒアルロン酸は、その保水力と粘弾性から、の乾燥を防ぎ、にうるおい(潤い)とハリ・弾力を与える役割を担っています。

赤ちゃんのがみずみずしく、ハリがあるのは、ヒアルロン酸を多く含んでいるからです。

ヒアルロン酸は、化粧水やスキンクリームなどに使用されています。

 

2.関節の潤滑作用(関節の柔軟性を維持)と衝撃吸収作用

ヒアルロン酸は、非常に高い粘弾性があり、などの関節の動きをよくする潤滑油のようなはたらきと、衝撃を吸収するクッションのはたらきをしています。

そのため、ヒアルロン酸は、の痛みに使う関節内注射薬にも使用されています。

 

3.の健康を維持する

ヒアルロン酸は、硝子体に多く含まれ、その粘弾性により、のかたちを維持するはたらきをしています。

ヒアルロン酸は、その保水力から、薬に使用され、を潤わせてドライアイ眼精疲労症状を改善してくれます。

 

ヒアルロン酸と加齢(年齢 老化)の関係

ヒアルロン酸は、特に50代以降では大きく減少していきます。

 

 

ヒアルロン酸の増やし方

からだの中から増やす

ヒアルロン酸シンセターゼ

ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸シンセターゼという酵素で生成されています。

そこで、からだの中のヒアルロン酸シンセターゼの量を増やします。

ヒアルロン酸シンセターゼの増やし方

 



| 現在のカテゴリ:その他の機能性成分 |

現在のカテゴリ:その他の機能性成分

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「その他の機能性成分」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. GABA(ギャバ)
  2. カフェイン
  3. クエン酸
  4. ナットウキナーゼ
  5. ヒアルロン酸
  6. ヒアルロン酸―摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:その他の機能性成分 の位置づけ

現在のカテゴリ:「その他の機能性成分」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー