カフェイン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



カフェイン

カフェインとは

カフェインの定義・意味・意義など

カフェインとは、緑茶コーヒーに含まれる苦み成分で、アルカロイドの一種です。

アルカロイドとは、ナス科、ケシ科などの植物に含まれる成分で、他に、モルヒネ、コカイン、ニコチンなどがあります。

カフェインの健康によい働き(効果・効用・効能・生理作用)

カフェインには、次のようなはたらきがあります。

覚醒作用

カフェインには、をシャキッとさせる覚醒作用があります。

疲労回復効果

カフェインは、頭筋肉の働きを活発にする疲労回復効果があります。

仕事(頭労働や体労働)や勉強、スポーツで疲れた場合には、お茶コーヒーを飲みましょう。

仕事の合間などにお茶等を飲む習慣は理に適ったものといえます。

尿作用

カフェインは排便を促し、便秘の解消に役立ちます。

二日酔い防止効果

カフェインの摂取

カフェインの摂取方法

カフェインを少なくするお茶の入れ方

カフェインは、妊婦や乳幼児にはよくありません。

そこで、緑茶日本茶)を飲む場合ですが、含まれるカフェインがもっとも少ないのは番茶です。

また、カフェインは60度くらいの低い温度ではあまり溶け出しません。

したがって、番茶を60度くらいの温度のお湯で入れると、摂取するカフェインの量を少なくすることができます。



| 現在のカテゴリ:その他の機能性成分 |

現在のカテゴリ:その他の機能性成分

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「その他の機能性成分」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. GABA(ギャバ)
  2. カフェイン
  3. クエン酸
  4. ナットウキナーゼ
  5. ヒアルロン酸
  6. ヒアルロン酸―摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:その他の機能性成分 の位置づけ

現在のカテゴリ:「その他の機能性成分」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー