便(大便) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



便(大便)

便とは 【feces

便の定義・意味・意義

便(べん)とは、消化の最終産物として肛門から排泄される排泄物をいう。

便の別名・別称・通称など

大便

便と関係・関連する概念

類似概念
尿

尿腎臓(泌尿器官)で生産され、尿道口から排泄される液体の排泄物をいう。

便の成分

便の固形分は1/4で、残りの3/4は水分である。

平凡社『世界大百科事典』

広辞苑では、便は「食物のかす」と定義されているが、食べカスは5%くらいである。

固形分の半分は生きた腸内細菌とその死骸で、あとは腸粘膜がターンオーバーして生まれ変わった細胞の死骸がほとんどである。

クロワッサン『内臓・血液血管のアンチエイジング』 マガジンハウス、2013年、25頁。

 

便の趣旨・的・役割・機能

免疫力の指標(健康のバロメーター)

便は腸内細菌の量を示す。

腸内細菌免疫力に大きな関わりがある。

したがって、便の量が多い人ほど免疫力が高いといえる。

クロワッサン『内臓・血液血管のアンチエイジング』 マガジンハウス、2013年、25頁。

便が健康のバロメーターといわれるゆえんである。

便の量

現在の日本人の便の量は150g程度である。

戦前の日本人は350~400gの便があったという。

クロワッサン『内臓・血液血管のアンチエイジング』 マガジンハウス、2013年、25頁。

便の量に影響を与える要因
食物繊維

食物繊維腸内細菌のエサとなる。

そのため、食物繊維の摂取量と便の量には相関関係がある。

クロワッサン『内臓・血液血管のアンチエイジング』 マガジンハウス、2013年、25頁。

食が多いと、便の量は少なくなる。

免疫力に影響がある腸の状態を整えるには? 日経トレンディネット http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130416/1048739/



| 現在のカテゴリ:内蔵―消化器―排泄(排出) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―排泄(排出)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 便(大便)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―消化器―排泄(排出) の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―排泄(排出)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー