紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準

日焼け止め化粧品(日焼け止めクリーム)の効果の基準

日焼け止め化粧品には、次の2つの表示が書かれています。

  1. SPF
  2. PA

これらは、紫外線をカットする力をあらわす指数です。

日焼け止め化粧品を選択する前に、まずはこの2つの指数の意味や違いなどをきちんと知っておくことが大切です。

1.SPF

紫外線には、次の2つの種類があります。

  1. A波UVA
  2. B波UVB

このうち、SPFとは、サンバーンを引き起こすB波UVB)をカットする力をあらわす指数です。

SPFは、世界でほぼ共通の基準となっています。

SPFの詳細については、次のページを参照してください。

SPFとは

2.PA

PAとは、サンターンを引き起こすA波UVA)をカットする力をあらわす表示です。

PAは、日本独自の基準です。

日焼け止め化粧品のパッケージなどでは、SPF値のほうがよく強調されています。

そのため、日焼け止め化粧品を選択する場合、SPFだけを基準にしている人も多いかと思います。

しかし、波長が長いA波は、表皮から真皮にまで浸透し、の深部で老化を促進し、シワやシミの原因となります。

PAは、その予防のために有用な表示です。

そこで、SPF値だけでなく、PA値も確認して、日焼け止め化粧品を選びましょう。

PAの詳細については、次のページを参照してください。

PAとは



| 現在のカテゴリ:紫外線(UV) |

現在のカテゴリ:紫外線(UV)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 紫外線とは
  2. 紫外線―分類・種類―A波(UVA)
  3. 紫外線―分類・種類―B波(UVB)
  4. 紫外線―量
  5. 紫外線―量―日陰との関係
  6. 紫外線―影響(効果・効力)
  7. 紫外線―危険な影響―光老化
  8. 紫外線―危険な影響―光老化―シワ
  9. 紫外線―危険な影響―光老化―シミ
  10. 紫外線―対策と効果
  11. 紫外線―対策と効果―サングラス―正しい選択・選び方
  12. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準
  13. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF
  14. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF―目安
  15. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA
  16. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA―基準値・目安
  17. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:紫外線(UV) の位置づけ

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー