紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方

日焼け止め化粧品の塗る量と塗り方

日焼け止め化粧品の日焼け止めの効果は、SPFPAによって知ることができますが、実際には塗る量によっても変わってきます。

塗る量が少ないと、当然に日焼け止めの効果は下がりますので、SPFPAの表示以下の効果しか得られていない場合もあります。

実際、日焼け止め化粧品が使われている量は、表示どおりの効果を出すのに必要な量の1/3~1/4程度である場合が多いともいわれています。

SPFPAは、1平方センチメートルあたり2mgを皮膚に塗った場合の値です。

とはいっても、1平方センチメートルあたり2mgといってもピンときませんし、実際にこれだけの量を塗ると、ベタベタします。

また、日焼け止め化粧品の種類(ウォータージェルかクリームタイプかなど)やSPF値(SPF値が高いほど粘度が高くなる)によっても、塗る量や塗り方は異なってきます。

さらに、適正な効果が出る量を塗ったとしても、をかいたり、ふいたりすると、とれてしまいます。

そこで、日焼け止め化粧品は、できる限り厚くムラなく塗るようにして、そして、2~3時間おきくらいにまめに塗り直すようにするといいでしょう。



| 現在のカテゴリ:紫外線(UV) |

現在のカテゴリ:紫外線(UV)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 紫外線とは
  2. 紫外線―分類・種類―A波(UVA)
  3. 紫外線―分類・種類―B波(UVB)
  4. 紫外線―量
  5. 紫外線―量―日陰との関係
  6. 紫外線―影響(効果・効力)
  7. 紫外線―危険な影響―光老化
  8. 紫外線―危険な影響―光老化―シワ
  9. 紫外線―危険な影響―光老化―シミ
  10. 紫外線―対策と効果
  11. 紫外線―対策と効果―サングラス―正しい選択・選び方
  12. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準
  13. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF
  14. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―SPF―目安
  15. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA
  16. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―効果の基準―PA―基準値・目安
  17. 紫外線―対策と効果―日焼け止め化粧品(クリーム)―塗る量と塗り方

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:紫外線(UV) の位置づけ

現在のカテゴリ:「紫外線(UV)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー