斜位と斜視―斜位 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


斜位と斜視―斜位


斜位とは

斜位の定義・意味・意義

斜位(しゃい)とは、リラックスしているときに視線がズレている状態をいいます。

ただし、両でものを見るときは自分で修正して正常な視線を保つことができます。

専門的には、眼位に異常はあるが、両眼視には異常がない状態などと定義します。

ただし、多くの人は、近視・遠視・乱視などの有無にかかわらず、多少の斜位(特に斜位のうち外斜位)があります。

人間ですから、逆にまったくズレがないというのは奇跡ともいえます。

眼位の異常

斜位では、片を隠して片だけでものを見るときに、隠した片(つまり、リラックスしているほうの)の視線の方向(「眼位」といいます)がまっすぐ前を向いていない(標に向かっていない)状態になっています。

両眼視には異常なし

ものを見るときには、両の視線を合わせる・集中したうえ、左と右で見たそれぞれの像を融合し、ものを立体的に一つに見ることができます。

と右で見たそれぞれの像が融合して一つの像になることを専門用語では融像といいます。

そして、左と右で見たそれぞれの像をでまとめて、ものを立体的に一つの像として見る機能のことを両眼視といいます。

両眼視は第三のといえます。

斜位では両を開いた瞬間はすぐには標に両の視線を合わせる・集中することができません。

したがって、ものが二重に見えます。

しかし、その後、両眼視をすることで、ものを一つに見ることができます。

つまり、斜位の場合は、両眼視に異常がなく、眼位のズレよりも両眼視をする力のほうが優っているので、自力で融像をすることができます(つまり、視線のズレを自分で修正できる)。

斜位の自覚症状・病状・病症・トラブル

一般に斜位の自覚症状としては次の2つがあります。

  1. 眼精疲労
  2. 複視

次のページを参照してください。

斜位の自覚症状・病状・病症・トラブル

斜位の分類・種類

斜位は視線が向いている方向により次のような種類に分類されます。

  • 左右斜位
    • 外斜位…視線が外に向いている状態
    • 内斜位…視線が内に向いている状態
  • 上下斜位
    • 上斜位…視線が上に向いている状態
    • 下斜位…視線が下に向いている状態

斜位と関係・関連する概念

斜視
斜位と斜視との違い

斜位の場合は眼位に異常がありますが、両眼視には異常がないので、自力で融像をすることができます。

しかし、斜視の場合は眼位の異常に加えて両眼視にも異常があるので、自力では融像をすることができません。



| 現在のカテゴリ:斜位と斜視 |

現在のカテゴリ:斜位と斜視

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「斜位と斜視」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 斜位と斜視―斜位
  2. 斜位と斜視―斜位―症状
  3. 斜位と斜視―斜位―症状―複視
  4. 斜位と斜視―斜位―分類―外斜位
  5. 斜位と斜視―斜位―分類―上下斜位
  6. 斜位と斜視―斜位―予防・防止と治療
  7. 斜位と斜視―斜視
  8. 斜位と斜視―斜視―分類―間歇性斜視(間欠性斜視)
  9. 斜位と斜視―治療―プリズム眼鏡
  10. 斜位と斜視―治療―手術


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:斜位と斜視 の位置づけ

現在のカテゴリ:「斜位と斜視」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー