斜位と斜視―斜位―予防・防止と治療 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


斜位と斜視―斜位―予防・防止と治療


斜位の予防・防止と治療

予防・防止・軽減

トレーニング―眼の筋肉を鍛える
融像・寄り

トレーニングをする的は斜視に移行することを防止するためです。

日常的に、融像をする=両の視線を合わせる・集中して、ものを立体的に1つの像として見るだけでもトレーニングになります。

また、意識的に寄りをすることもトレーニングになります。

ただし、通常は高齢になるまで斜視に移行することはないといわれています。

咀嚼習慣の改善

斜位の発生原因ははっきりとはわかっていません。

ただし、上下斜位については、片方のばかりで噛んでいると、眼位も上下にズレてくるという人もいます。

具体的には、右ばかりで噛む人は右の視線が下がり、左ばかりで噛む人は左の視線が下がることになります。

  • 右ばかりで噛む人 → 右の視線が下がる(左眼上斜位
  • 左ばかりで噛む人 → 左の視線が下がる(右眼上斜位

したがって、こうした癖・習慣を意識的に変えることで、上下斜位の程度を軽減できる可能性があるかもしれません。

治療

原則―自覚症状がなければ治療不要

外斜位斜視の予備軍といえます。

ただし、多くの人は、近視・遠視・乱視などの有無にかかわらず、多少の外斜位があります。

しかし、斜視とは異なり、外斜位には自覚症状眼精疲労・ものが二重に見える)があまりありません。

外斜位であっても、多くは、両でものを見るときは両ともまっすぐ前を向いて、普通にものを立体的に1つに見ることができるからです。

したがって、自覚症状がなければ、治療の対象とはなりません。

治療等をする場合

眼精疲労用の代表的な薬がサンコバです。

眼科医で処方してもらうことができます。

なお、眼科医によっては、サンコバピロカルピン(医薬品名:塩酸ピロカルピン)を調合してくれるところもあります。

メガネ(通常の眼鏡)による矯正

メガネ店(眼鏡店)で斜位の検査・測定をしたうえで適切な度数のメガネを作り、の負担をできる限り軽減します。

ただし、斜位の検査までしているメガネ店はあまりないようです。

しかし、本当に適切な度数のメガネを作るには、斜位の検査まで必要です。

プリズム眼鏡による矯正

斜位の程度が常に強い場合や上下斜位の場合は、斜位プリズムで矯正します。

ただし、プリズム眼鏡はその矯正の程度が強すぎると、とてもかけられたものではありません。

斜位の経験豊富な認定眼鏡士に適切な度数を調整してもらいましょう。

一般に治療は斜視に対して有効とされています。

したがって、斜位に対する治療効果も期待できます。



| 現在のカテゴリ:斜位と斜視 |

現在のカテゴリ:斜位と斜視

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「斜位と斜視」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 斜位と斜視―斜位
  2. 斜位と斜視―斜位―症状
  3. 斜位と斜視―斜位―症状―複視
  4. 斜位と斜視―斜位―分類―外斜位
  5. 斜位と斜視―斜位―分類―上下斜位
  6. 斜位と斜視―斜位―予防・防止と治療
  7. 斜位と斜視―斜視
  8. 斜位と斜視―斜視―分類―間歇性斜視(間欠性斜視)
  9. 斜位と斜視―治療―プリズム眼鏡
  10. 斜位と斜視―治療―手術


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:斜位と斜視 の位置づけ

現在のカテゴリ:「斜位と斜視」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー