尿酸値(血清尿酸値) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



尿酸値(血清尿酸値)

尿酸値とは

尿酸値の意味・意義・定義

尿酸値とは、血清に含まれている尿酸の濃度をいいます。

正確には、血清1dl中に尿酸が何mg含まれているかを意味します。

 

尿酸値の別名・別称・通称など

尿酸値は、正式には血清尿酸値といいます。

 

尿酸値を調べる趣旨・的・役割・機能

陣痛・尿路結石

尿酸値は、痛風や尿路結石の危険性を知るために調べます。

 

動脈硬化

尿酸値は、動脈硬化につながる生活習慣病の指標の1つとしても位置づけられています。

 

検査数値の結果の見方・読み方・解釈の仕方

尿酸値の基準値

7.0mg/dl以下

基準値は、検査機関により異なります。

 

基準値より高い場合
尿酸血症・痛風・尿路結石

基準値を超えると、高尿酸血症と診断されます。

この濃度を超えると、血液に溶け切れない尿酸が結晶化し始めるからです。

その状態が続くと、結晶化した尿酸が関節などにたまっていき、痛風や尿路結石の原因となります。

 

動脈硬化

尿酸値が高いということは、動脈硬化が進みやすい状態であることも示しています。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―泌尿器系検査(尿検査)―尿酸代謝(陣痛)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 尿酸値(血清尿酸値)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「血液検査―泌尿器系検査(尿検査)―尿酸代謝(陣痛)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー