栄養素―抗酸化物質 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



栄養素―抗酸化物質

抗酸化物質とは 【antioxidant

抗酸化物質の定義・意味・意義

抗酸化物質(こうさんかぶっしつ)とは、活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質の総称をいう。

抗酸化物質 | e-ヘルスネット 情報提供 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-009.html

 

抗酸化物質の趣旨・的・役割・機能

抗酸化作用

抗酸化物質は、その強力な抗酸化作用により、身体に有害な活性酸素を抑制・除去し、動脈硬化がん老化免疫機能低下などの予防に効果があるとされている。

抗酸化物質の分類・種類(具体例)

抗酸化物質は天然のものと体内で合成されるものとに大別される。

天然抗酸化物質

体内合成抗酸化物質




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「身体・ボディー―外部環境―同化―栄養―栄養素(物質)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 栄養素
  2. 栄養素―抗酸化物質

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「身体・ボディー―外部環境―同化―栄養―栄養素(物質)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー