カロテノイド(カロチノイド) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



カロテノイド(カロチノイド)

カロテノイドとは

カロテノイドの定義・意味・意義

カロテノイドとは、動植物界に存在する黄・赤・橙の脂溶性素をいう。

カロテノイドの別名・別称・通称など

カロチノイド

カロテノイドは、カロチノイドともいう。

 

カロテノイドの位置づけ・体系(上位概念)

抗酸化物質

カロテノイドは抗酸化物質の一種である。

カロテノイドの分類・種類

カロテノイドは、次の種類に分類される。

カロテン(カロチン)

カロテンは、炭素と水素のみでできた炭水化物系のものをいいう。

代表的なものとして、次のようなものがある。

 

キサントフィル

キサントフィルとは、炭素と水素以外のものを含むものをいう。

その代表的なものとして、次のようなものがある。

 

アポカロテノイド

 

ビタミンAレチノイド

 

カロテノイドの趣旨・的・役割・機能

抗酸化作用

カロテノイドは、抗酸化物質として、身体に有害な活性酸素を抑制・除去し、動脈硬化がん老化免疫機能低下などの予防に効果があるとされている。

 



| 現在のカテゴリ:カロテノイド(カロチノイド) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「カロテノイド(カロチノイド)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. カロテノイド(カロチノイド)
  2. β-カロテン(ベータカロテン・ベータカロチン)
  3. β-カロテン(ベータカロテン・ベータカロチン)―摂取
  4. リコピン
  5. ルテインとは
  6. ルテインの摂取
  7. アスタキサンチンとは
  8. アスタキサンチンの摂取
  9. クロセチンとは

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:カロテノイド(カロチノイド) の位置づけ

現在のカテゴリ:「カロテノイド(カロチノイド)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー