内部環境 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



内部環境

内部環境とは 【internal environment

内部環境の定義・意味・意義

内部環境とは、外部環境から隔離された、生物の体内の環境をいう。

 

内部環境の具体例

体液

生物の体内には組織器官がある。

そして、組織器官を構成している1個1個の細胞は血液・リンパ液・組織液といった体液に浸されている。

内部環境とは、具体的には、この体内の組織器官を構成する細胞を浸し、いわばその環境の役割を果たしている体液のことを指す。

 

も小さな内部環境である。

内部環境の趣旨・的・役割・機能

内部環境の対となる概念は外部環境である。

 

外部環境は非常に変化しやすいので、これと直接接していては生物は生命を維持するのが困難である。

そのため、生物は、まずは身体の内部を外部環境から隔離した。

この外部環境から隔離された体内の環境が内部環境である。

単細胞生物では、細胞が外部環境と直接接していて、外部環境の要因のすべてが直接細胞に影響を与える。

 

内部環境の位置づけ・体系

内部環境、すなわち体液は、その機能を十分に発揮させるため、循環器官・循環器系を発達させた。

 

そして、次のステップとして、生物は、内部環境を変化の少ない安定した環境にするために、恒常性ホメオスタシス)という仕組みを獲得した。

内部環境の恒常性が保たれることが生命維持の条件となる。

 

内部環境の概念の経緯・沿革・歴史など

内部環境の概念は、近代生理学の生みの親といわれるフランスのクロード・ベルナール(1813-78)によって提唱された。

 



    | 現在のカテゴリ:内部環境 |

    現在のカテゴリ:内部環境

    カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

    現在のカテゴリ:「内部環境」内のコンテンツは以下のとおりです。

    1. 内部環境

    関連コンテンツ

    現在のカテゴリ:内部環境 の位置づけ

    現在のカテゴリ:「内部環境」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

    プリバシーポリシー