目―内部環境―涙(涙液) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



目―内部環境―涙(涙液)

涙とは 【tear

涙の定義・意味・意義

とは、 から分泌される油分を含んだ水分をいいます。

涙の別名・別称・通称など

涙液

涙は、医学的には涙液(るいえき)といいます。

涙の構造・構成・つくり(構成要素・構成部分)

涙は次の3つの層から構成されます。

  1. 油層…水分の蒸発を防ぐ
  2. 水分
  3. ムチン層…水分の表面に均一に・なめらかに広がっていくようにする

 

涙の位置づけ・体系(上位概念)

内部環境

涙は小さな内部環境です。

涙は人の体のなかでとても小さな環境だ。太古の昔から大切に抱え持ってきた小さな海。たった7マイクロリットルの海だけどその中には、とてつもなくたくさんの科学、緻密な生物のメカニズムが秘められている。

坪田一男『涙のチカラ ~涙は7マイクロリットルの海 (知りたい!サイエンス)』技術評論社、2008年。

涙の趣旨・的・役割・機能

身体に血液が必要なように、にとって涙は必要不可欠です。

具体的には、涙は次のような役割を果たしています。

の乾燥を防ぐ

涙は、常に少量ずつ分泌されての乾燥を防ぎます(→ドライアイ)。

 

を洗浄する

涙には、を洗浄する働きがあります。

 

を守る

涙には、ホコリなどからを守る働きがあります。

 

酸素・栄養素老廃物・埃・異物等の運搬
角膜に酸素・栄養素を運ぶ

眼の表面を覆っている透明な角膜には、血管がありません。

しかし、細胞でできている角膜にも酸素・栄養素は必要です。

そこで、涙が血液に代わって、角膜へ、酸素・栄養素を運んでいます。

老廃物・埃・異物を運び去る

涙は、老廃物や埃(ほこり)・異物を運び去ります。

 

殺菌作用で感染予防する

涙には、リゾチームという成分が含まれています。

このリゾチームには殺菌作用があるので、結膜炎などの細菌の感染予防の働きがあります。

 

視力

涙がの表面に均一に・なめらかに広がっていくことで、の表面の細かな凹凸が消されて、ものが見やすい状態になります。



| 現在のカテゴリ:感覚器(感覚器官)―視覚器―目 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 29 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「感覚器(感覚器官)―視覚器―目」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 視覚
  2. 視覚―色(色彩)
  3. 視覚―色―色の三要素―色相(色合い・色調)
  4. 視覚―色―色の三要素―色相―光の三原色(RGB)
  5. 視覚―色―色の三要素―色相―光の三原色(RGB)―青色光(ブルーライト)
  6. 目(視覚器・視覚器官)
  7. 目―構造―主要部―眼球
  8. 目―構造―主要部―眼球―角結膜
  9. 目―構造―主要部―眼球―角結膜―角膜
  10. 目―構造―主要部―眼球―毛様体
  11. 目―構造―主要部―眼球―虹彩(こう彩)
  12. 目―構造―主要部―眼球―網膜
  13. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―かん体細胞(杆体細胞)
  14. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―かん体細胞(杆体細胞)―ロドプシン
  15. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―錐体細胞
  16. 目―構造―主要部―眼球―網膜―部位―黄斑
  17. 目―構造―主要部―眼球―網膜―部位―黄斑―病気―加齢黄斑変性
  18. 目―構造―主要部―眼球―網膜―病気―網膜剥離
  19. 目―構造―主要部―眼球―水晶体
  20. 目―構造―主要部―眼球―硝子体(ガラス体)
  21. 目―構造―主要部―視神経
  22. 目―構造―付属器―眼瞼―マイボーム腺
  23. 目―構造―付属器―涙器
  24. 目―構造―付属器―涙器―涙点
  25. 目―機能―両眼視(第3の目)
  26. 目―性能・能力―指標―視力
  27. 目―性能・能力―指標―視力―実用視力
  28. 目―内部環境―涙(涙液)
  29. 目―分泌物―目やに(目脂・眼脂)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:感覚器(感覚器官)―視覚器―目 の位置づけ

現在のカテゴリ:「感覚器(感覚器官)―視覚器―目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー