目―構造―主要部―眼球―水晶体 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



目―構造―主要部―眼球―水晶体

水晶体とは

水晶体の定義・意味・意義など

水晶体とは、眼球の構成要素のひとつで、眼球虹彩の真後ろにある凸レンズ形の透明体をいいます。

水晶体の働き(はたらき)・機能・役割・

レンズ

水晶体は、眼球内に入ってきた光線を屈折し、網膜上に像を結ばせるレンズのはたらきをします。

ちなみに、の構造はカメラのようになっているので、の構成要素をカメラにたとえるなら、水晶体がレンズ、毛様体が「ピント」、虹彩が「絞り」、網膜は「フィルム」、そして視神経は「現像」といった役割をそれぞれ果たしていることになります。

ヒトを含む脊椎動物のはカメラ眼と呼ばれています。

ピント調節(遠近調節)

水晶体は、周囲からこれを支えている毛様体によってその厚さを変えられて、焦点距離を変え、網膜にはっきりとした像を結ばせます。

近くを見るときは厚くなり、遠くを見るときは薄くなって、焦点を合わせています。

水晶体に関する病気・疾患・症状

老眼

老眼とは、老化による、毛様体筋の衰えや水晶体の弾力の欠乏で、近くの物にピントが合わなくなっている状態です。

白内障

水晶体が濁った状態になるのが、白内障です。

白内障は、水晶体に含まれるたんぱく質が濁ったりすることでがかすむ病気です。

白内障は、60代の60%以上が発症するといわれています。

水晶体に関する予防と対策・改善

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、毛様体筋に働きかけて、水晶体のピント調節力を回復してくれます。



| 現在のカテゴリ:感覚器(感覚器官)―視覚器―目 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 29 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「感覚器(感覚器官)―視覚器―目」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 視覚
  2. 視覚―色(色彩)
  3. 視覚―色―色の三要素―色相(色合い・色調)
  4. 視覚―色―色の三要素―色相―光の三原色(RGB)
  5. 視覚―色―色の三要素―色相―光の三原色(RGB)―青色光(ブルーライト)
  6. 目(視覚器・視覚器官)
  7. 目―構造―主要部―眼球
  8. 目―構造―主要部―眼球―角結膜
  9. 目―構造―主要部―眼球―角結膜―角膜
  10. 目―構造―主要部―眼球―毛様体
  11. 目―構造―主要部―眼球―虹彩(こう彩)
  12. 目―構造―主要部―眼球―網膜
  13. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―かん体細胞(杆体細胞)
  14. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―かん体細胞(杆体細胞)―ロドプシン
  15. 目―構造―主要部―眼球―網膜―構造―錐体細胞
  16. 目―構造―主要部―眼球―網膜―部位―黄斑
  17. 目―構造―主要部―眼球―網膜―部位―黄斑―病気―加齢黄斑変性
  18. 目―構造―主要部―眼球―網膜―病気―網膜剥離
  19. 目―構造―主要部―眼球―水晶体
  20. 目―構造―主要部―眼球―硝子体(ガラス体)
  21. 目―構造―主要部―視神経
  22. 目―構造―付属器―眼瞼―マイボーム腺
  23. 目―構造―付属器―涙器
  24. 目―構造―付属器―涙器―涙点
  25. 目―機能―両眼視(第3の目)
  26. 目―性能・能力―指標―視力
  27. 目―性能・能力―指標―視力―実用視力
  28. 目―内部環境―涙(涙液)
  29. 目―分泌物―目やに(目脂・眼脂)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:感覚器(感覚器官)―視覚器―目 の位置づけ

現在のカテゴリ:「感覚器(感覚器官)―視覚器―目」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー