脳神経―視神経 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



脳神経―視神経

視神経とは

視神経の定義・意味・意義

視神経とは、から出て、眼球網膜を貫いて入ってきている第2脳神経をいいます。

なお、視神経が集まって束となって入ってきている網膜上の部分を盲斑といいます。

視神経の趣旨・的・役割・機能

刺激の伝達―現像

視神経は眼球と並ぶの主要部です。

眼球水晶体を通って入ってきた光はガラス体硝子体)を通って網膜に達し、網膜上に像(倒立した像)を映します。

そして、視神経は、この網膜に映し出された画像を大脳へと伝えています。

こうして、網膜にある視細胞で受け取った光刺激が興奮となって、視神経を通して大脳へ伝わることで、視覚が生じます。

ちなみに、の構造はカメラのようになっているので、の構成要素をカメラにたとえるなら、水晶体がレンズ、毛様体が「ピント」、虹彩が「絞り」、網膜は「フィルム」、そして視神経は「現像」といった役割をそれぞれ果たしていることになります。

ヒトを含む脊椎動物のはカメラ眼と呼ばれています。

視神経の位置づけ・体系(上位概念等)

脳神経

視神経は脳神経のひとつである。

脳神経には、次の12対がある。

  1. 嗅神経
  2. 視神経
  3. 動眼神経
  4. 滑車神経
  5. 三叉神経
  6. 外転神経
  7. 顔面神経
  8. 内耳神経
  9. 舌咽神経
  10. 迷走神経
  11. 副神経
  12. 舌下神経

視神経に関する予防と対策・改善

アントシアニン

アントシアニンは、視神経のはたらきを支えているロドプシンの再合成を活性化して、網膜に映し出された画像を大脳へ届けるのを助けてくれます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―脳神経と脊髄神経―脳神経」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 脳神経
  2. 脳神経―視神経
  3. 脳神経―迷走神経

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―脳神経と脊髄神経―脳神経」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー