アントシアニン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アントシアニン

アントシアニンとは

アントシアニンの定義・意味・意義など

アントシアニンとは、花びらや有野菜果物に含まれる青紫を構成する素成分(素)の総称です。

アントシアニンの位置づけ・体系

アントシアニンは、機能性成分ポリフェノールの一種として位置づけられます。

アントシアニンの分類・種類

アントシアニンの種類は、花のに比べてそれほど多様というわけではありませんが、それでも約400種ほどはあるといわれています。

なお、後述のように、アントシアニンの種類により、その効用も若干異なっています。

アントシアニンの健康によい働き・作用(効果・効能・効力・効用)

抗酸化作用による生活習慣病老化がんガン)予防機能

アントシアニンは、その抗酸化作用により、有害な活性酸素を除去・消去してくれるため、生活習慣病の予防・老化防止・がんガン)予防に高い効果があります。

視力回復・改善・向上機能

アントシアニンは、の機能を向上させる栄養素としても注を集めています。

詳細については、次のページを参照してください。

アントシアニン―効果・効能―視力改善

黄斑変性症の改善

アントシアニンは、治療法のない黄斑変性症の改善に効果があります。

肝臓の機能(肝機能)を強化・向上する働き

アントシアニンは、肝臓の機能を改善する働きがあります。



| 現在のカテゴリ:ポリフェノール |

現在のカテゴリ:ポリフェノール

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ポリフェノール」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ポリフェノール
  2. アントシアニン
  3. アントシアニン―効果・効能―視力改善
  4. アントシアニン―摂取
  5. イソフラボン
  6. カテキン
  7. カテキン―摂取
  8. クルクミン
  9. セサミノール
  10. フェルラ酸

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:ポリフェノール の位置づけ

現在のカテゴリ:「ポリフェノール」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー