湿度―分類―相対湿度 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



湿度―分類―相対湿度

相対湿度とは 【relative humidity

相対湿度の定義・意味・意義

相対湿度とは、同一の温度において、空気中に含まれる水分(湿り気・水蒸気)量の、その空気が含むことができる最大の水分量に対する割合をいいます。

 

相対湿度の単位

相対湿度は%表示で表されます。

なお、相対湿度が100%ということは、空気中に含まれる水分量が飽和状態に達したということを意味し、そのため結露(=空気中の水分が凝結して水滴となる現象)を生じます。

 

相対湿度の特・特徴・特性

相対湿度はその定義から温度によって左右されることになります。

相対湿度の位置づけ・体系(上位概念)

湿度

湿度には、相対湿度と絶対湿度があります。

 

一般的には、湿度といえば、相対湿度のことをいいます。

相対湿度は気象予報で使用されるほか、家庭で使用される湿度計(Hygrometer)も相対湿度を表示しています。

しかし、温度に左右される相対湿度は、単独では乾燥対策の指標・指針・安・基準になりえません。

実際に、相対温度計が示す湿度は生活感覚からはほど遠い。

したがって、湿度のシビアな管理が要求される場合は、乾燥対策の指標としては、絶対湿度のほうが適切といえます。

相対湿度と絶対湿度との違い

 



    | 現在のカテゴリ:湿度 |

    現在のカテゴリ:湿度

    カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

    現在のカテゴリ:「湿度」内のコンテンツは以下のとおりです。

    1. 湿度
    2. 湿度―分類―相対湿度
    3. 湿度―分類―絶対湿度
    4. 湿度―分類―相対湿度と絶対湿度との違い
    5. 湿度―人体・生活に及ぼす影響
    6. 湿度―基準・目安
    7. 湿度―コントロール

    関連コンテンツ

    現在のカテゴリ:湿度 の位置づけ

    現在のカテゴリ:「湿度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

    プリバシーポリシー