湿度―コントロール - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



湿度―コントロール

湿度の適切なコントロール・管理

夏の場合

夏場は湿度が高くなるために、家にカビ・ダニや悪臭が発生しやすくなります。

たとえば、次のような方法などで湿度を下げることができます。

1.風通しをよくする

窓を2箇所以上開けて、部屋の風通しをよくします。

 

2.換気扇を回す

湿気がたまりやすい浴室などの水回りではつねに換気扇を回しておきます。

 

3.除湿機等を使用する

 

冬の場合

乾燥対策

さまざまな乾燥対策として、まず湿度相対湿度)が安となります。

たとえば、湿度が40%以下になると、ウイルスに感染しやすくなります。

一般的には、湿度は50%以上であることを安にします。

ただし、次のページを参照。

相対湿度と絶対湿度との違い

加湿器等を使用する

加湿器を使用すれば、ウイルスに感染しにくくなる40%以上を保つことができます。

 

電気毛布に注意する

寝ているときに痒くなりポリポリと掻いている人も多いかと思います。

その大きな原因のひとつが電気毛布です。

電気毛布はを乾燥させ、痒みの原因となりますので、就寝中は切っておくようにしましょう。

 



    | 現在のカテゴリ:湿度 |

    現在のカテゴリ:湿度

    カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

    現在のカテゴリ:「湿度」内のコンテンツは以下のとおりです。

    1. 湿度
    2. 湿度―分類―相対湿度
    3. 湿度―分類―絶対湿度
    4. 湿度―分類―相対湿度と絶対湿度との違い
    5. 湿度―人体・生活に及ぼす影響
    6. 湿度―基準・目安
    7. 湿度―コントロール

    関連コンテンツ

    現在のカテゴリ:湿度 の位置づけ

    現在のカテゴリ:「湿度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

    プリバシーポリシー