腸内細菌―分類・種類―悪玉菌 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



腸内細菌―分類・種類―悪玉菌

悪玉菌とは

悪玉菌の意味・意義・定義など

悪玉菌とは、有害物質を産生し、宿主(=ヒトや動物)に害を及ぼす腸内細菌のことです。

ウェルシュ菌が悪玉菌の代表です。

このウェルシュ菌がたんぱく質を腐敗させて発生するガスがおならです。

悪玉菌の位置づけ

腸内細菌には、宿主に害を及ぼす悪玉菌のほか、宿主の健康維持に役立つ善玉菌、そして、悪玉菌と善玉菌のどちらか多いほうにつく日和見菌の3種類があります。

悪玉菌の機能

悪玉菌の算出する有害物質は、腸の老化がんの発生を促進します。

また、有害物質を無毒化させるため、肝臓の負担も増えます。

悪玉菌の分類・種類

悪玉菌には、次のようなものがあります。

  • 大腸菌
  • ウェルシュ菌



| 現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―胃腸 |

現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―胃腸

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―器官―胃腸」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 胃腸
  2. 腸内細菌
  3. 腸内細菌―分類・種類―善玉菌
  4. 腸内細菌―分類・種類―悪玉菌
  5. 腸内細菌―分類・種類―善玉菌・悪玉菌と老化現象
  6. 腸内細菌―分類・種類―悪玉菌を増やさず善玉菌を増やすには

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―消化器―器官―胃腸 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―消化器―器官―胃腸」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー