電子タバコ - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



電子タバコ

電子タバコとは

電子タバコの定義・意味・意義

電子タバコとは、電気でリキッド(ミスト(=タバコの煙に相当するもの)のもととなる液体)を加熱してミストを発生させ、それを吸って味わうというタバコに似せた嗜好品です。

香港の企業が開発し、日本を含む多数の国で販売されています。

 

電子タバコの仕組み(しくみ・構成・構造)

電子タバコは基本的には次の3つの部品で構成されています。

  1. バッテリ…リキッドを加熱するための電気を発生させる
  2. アトマイザ…アトマイザに電気が流れると、少しずつカートリッジ内のリキッドが染み込んだアトマイザが高温となってミストが発生する
  3. カートリッジ…リキッドを保持する

 

電子タバコの成分

電子タバコの安全性はリキッドの成分によります。

一般的な成分

リキッドの成分としては一般的には次のようなものがあります。

これらは基本的には安全と思われます。

 

ニコチン

外国では上記に加えてニコチンを含むものも販売されています。

ただし、日本ではニコチンが医薬品成分に指定されているため、ニコチンは原則として含まれていません。

 

タール・一酸化炭素

電子タバコは通常のタバコとは異なり、発がん物質であるタール動脈硬化を促進するといわれている一酸化炭素は含まれていません。

 

その他有害物質

中国製のリキッドには何らかの有害物質が含まれているのではないかという不安があります。

電子タバコのメリットとデメリット

電子タバコのメリット

電子タバコのメリット

電子タバコのデメリット

電子タバコのデメリット・問題点・課題



| 現在のカテゴリ:タバコ |

現在のカテゴリ:タバコ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「タバコ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タバコ(煙草・たばこ)
  2. 電子タバコ
  3. 電子タバコ―メリット
  4. 電子タバコ―デメリット

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:タバコ の位置づけ

現在のカテゴリ:「タバコ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー