アルコール - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アルコール

アルコールとは 【alcohol

アルコールの位置づけ・体系(上位概念)

有機化合物

アルコールの趣旨・的・役割・機能

精神的ストレスの軽減・解消

適量のアルコールは、興奮物質であるドーパミン分泌と、不安や恐怖といった感情をやわらげ、ストレス解消となるセロトニン分泌を促進する。

つまり、アルコールは大脳の理性や常識を司る部分を抑制して解放感・爽快感をもたらし、精神的ストレスを軽減・解消してくれる。

食欲増進
食前

疲労回復

アルコールには血行をよくする働きと利尿作用があるので、適量であれば代謝を高めて疲労回復効果があるといわれている。

死亡率の低下

厚生労働省の「健康日本21」のホームページによれば、日本人の男性や欧米人を対象とした研究を集積して検討した結果では、男性については1日あたり純アルコール10~19gで、女性では1日あたり9gまででもっとも死亡率が低く(→1単位)、1日あたりアルコール量が増加するに従い死亡率が上昇することが示されている、という。

健康日本21 http://www.kenkounippon21.gr.jp/kenkounippon21/about/kakuron/5_alcohol/genjyou.html

善玉コレステロール(HDL)の増加

適量のアルコールは、善玉コレステロール(HDL)を増やすので、動脈硬化等を予防するといわれている。

 



| 現在のカテゴリ:アルコール |

現在のカテゴリ:アルコール

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「アルコール」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. アルコール
  2. アルコール―摂取―1日の適量―1単位

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:アルコール の位置づけ

現在のカテゴリ:「アルコール」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー