糖代謝の検査―ヘモグロビンA1c(HbA1c) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



糖代謝の検査―ヘモグロビンA1c(HbA1c)

ヘモグロビンA1cとは

ヘモグロビンA1cの定義・意味・意義

ヘモグロビンA1cとは、血液中に含まれるブドウヘモグロビンと結合したものの一種で、そのうち尿病と密接な関係があるものをいいます。

健康診断血液検査では、ヘモグロビン中にヘモグロビンA1cが何%あるかを測定します。

ヘモグロビンA1cの別名・別称・通称など

HbA1c

ヘモグロビンA1cの趣旨・的・役割・機能

コントロールの指標

ヘモグロビンA1cは赤血球の寿命が尽きるまで存在します。

そして、ヘモグロビンA1cは、1日の血糖値の平均が高いほど増えます。

したがって、ヘモグロビンA1cの割合を調べることで、過去1~2カ月の血糖値の平均値がわかります。

そのため、ヘモグロビンA1cの検査は尿病患者の「血コントロールの指標」として利用されています。

尿病の発見

また、ヘモグロビンA1cを調べることで、血糖値のように検査直前の食事の影響を受けることなく、過去1~2カ月の血糖値の平均値がわかります。

そのため、ヘモグロビンA1cの検査は、糖代謝の検査として空腹時血糖値と並び尿病を発見するためにも行われています。

 

検査数値結果の見方・読み方・解釈の仕方

ヘモグロビンA1cの基準値・標準値・適正値(平均・安)等

6.5%未満

日本尿病学会は、6.5%以上であれば、「尿病型」としています。基準値は、検査的により異なります。

基準値より高い場合
尿

尿病の疑いがあります。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―糖代謝(糖尿病)の検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 糖代謝
  2. 糖代謝の検査
  3. 糖代謝の検査―血糖値(空腹時血糖値)
  4. 糖代謝の検査―ヘモグロビンA1c(HbA1c)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:血液検査―糖代謝(糖尿病)の検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―糖代謝(糖尿病)の検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー