ウイルス―具体例―インフルエンザウイルス - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ウイルス―具体例―インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスとは

インフルエンザウイルスの定義・意味・意義

インフルエンザウイルスとは、感染症の一種であるインフルエンザを引き起こすウイルス(細菌・真菌(カビ)とならぶ代表的な病原体)をいう。

インフルエンザウイルスの分類・種類

インフルエンザウイルスは次の3つの種類に分類される。

  1. A型インフルエンザウイルス
  2. B型インフルエンザウイルス
  3. C型インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスと気象・気候・天候・天気との関係

低温・乾燥

インフルエンザウイルスは低温になるほど働きが活発となり、また、空気が乾燥すると生存率も高くなる。

そのため、毎年、流行るインフルエンザウイルスのタイプや程度は異なるが、1~2月ごろがインフルエンザ流行のピークとなる。

インフルエンザウイルスの予防・対策



| 現在のカテゴリ:細菌・ウイルスなど |

現在のカテゴリ:細菌・ウイルスなど

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「細菌・ウイルスなど」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 病原体
  2. 細菌―具体例―ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)
  3. 細菌―具体例―ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)―検査―ピロリ菌検査(ヘリコバクター・ピロリ菌検査)
  4. ウイルス
  5. ウイルス―具体例―インフルエンザウイルス
  6. 殺菌等―殺菌
  7. 殺菌等―除菌

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:細菌・ウイルスなど の位置づけ

現在のカテゴリ:「細菌・ウイルスなど」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー