感染症―五類感染症―感冒―インフルエンザ(流行性感冒・流感) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



感染症―五類感染症―感冒―インフルエンザ(流行性感冒・流感)

インフルエンザとは

インフルエンザの定義・意味など

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスという病原体の感染によって引き起こされる感染症をいう。

インフルエンザの別名・別称・通称など

流行性感冒・流感

インフルエンザは、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)または略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。

インフルエンザの位置づけ・体系(上位概念等)

感冒

インフルエンザは感染症の一種である感冒(かんぼう)のひとつである。

なお、感冒は次のように大別できる。

  1. 普通感冒…風邪
  2. 流行性感冒…インフルエンザ

インフルエンザの分類・種類

インフルエンザはその原因となるインフルエンザウイルスの種類により、次のように分類される。

  1. A型インフルエンザ
  2. B型インフルエンザ
  3. C型インフルエンザ

インフルエンザの流行

例年、インフルエンザは流行が始まった約1カ月後にピークを迎える。

流行るインフルエンザウイルスのタイプや程度は異なるが、具体的には1~2月ごろがインフルエンザ流行のピークとなる。

インフルエンザの歴史・沿革・由来・起源・経緯など

16世紀のイタリアの占星術師は、毎年冬に繰り返し流行するこの病気を星の動きや寒さの「影響」(イタリア語でインフルエンザ)によって発生するものと考え、これが名前の由来となった。

インフルエンザの症状徴候症候

インフルエンザの症状は以下のとおり。

こうした症状がみられたら、すみやかに医療機関で受診をする。

  • 38度以上の急な発熱
  • 関節

合併症

インフルエンザに感染したあと、二次的に他の細菌などに感染することも多く、これにより炎などさまざまな合併症を引き起こすので、注意を要する。

参考:平凡社 『世界大百科事典』

インフルエンザの予防・対策

インフルエンザの治療

生物

インフルエンザは細菌ではなくウイルスの感染によって引き起こされるので、インフルエンザ自体には抗生物質は効果がない。

したがって、自然治癒を待つということになる。

ただし、合併症の治療に抗生物質が用いられるので、インフルエンザの症状が激しいときは最初から抗生物質を用いたほうが安全な場合がある。

平凡社 『世界大百科事典』



| 現在のカテゴリ:感染症 |

現在のカテゴリ:感染症

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「感染症」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 感染症(伝染病)
  2. 感染症―五類感染症―感冒―インフルエンザ(流行性感冒・流感)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:感染症 の位置づけ

現在のカテゴリ:「感染症」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー